住友林業との打ち合わせってどんな感じ?回数と流れは?

BUILDING A HOUSE
Photo by Sidekix Media on Unsplash
きつね
きつね

住友林業で家建てたんだって?打ち合わせってどれくらいやった?

家を建てるのに、打ち合わせの回数はどれくらいかかるのかって疑問に思いますよね。この記事は、こんな疑問にお答えします。


こんにちは!れとです。
2020年、都内の56㎡の敷地に2世帯家族用の狭小住宅を建てました。



建てた時の記憶については、こちらにまとめています。


この記事では、打ち合わせの内容と流れについてご紹介します。

この記事でわかること

✔ 住友林業の打ち合わせの回数
✔ 打ち合わせの流れ


それでは、ご紹介していきますね。

住友林業との打ち合わせ 回数

打ち合わせは、豊洲の住友林業の東京東支店にて行いました。この支店では、実際に家を建てる際に組み込んでいくキッチンやお風呂などの実際のものを見る事ができ、その場でどんな物を家に利用するかを決めていきます。

れとママ
れとママ

ここで色々な素材を確認するだけでも楽しい体験よ♪


かなり何度も行ったような気がしていたのですが、数えたらたったの7回ほどでした!ただし、私は契約して数か月後に既に海外に移住することが決まっていたので、打ち合わせの回数自体を減らしてくれたのかもしれません。


毎回の滞在時間は違いました。短い日は、1時間程。長い日は、お昼も食べずに5時間以上打ち合わせをしていました。

れと
れと

途中で集中力が切れてしまって…。

後であーっもう少し違うのに決定すればよかったかも??

なんて思い返すこともよくありました。


長くなる日は、話せるぎりぎりの時間まで、という感じ。

この打ち合わせに行く前に、色々な雑誌や部屋のデザインを見ておいて、想像を膨らませておくといいかもしれません。
気に入ったウェブサイトなどはメモっておくといいですね。行ってすぐ「どんなイメージ?」と聞かれて、答えられないと余計に時間がかかっちゃいます。


住友林業との打ち合わせ 流れ

ざっくりですが、記憶している限りでこんな感じです。打ち合わせの中で決まった内容は、その後の協議の中でも何度も変更されました。

打ち合わせの流れ
  • 1回
    窓の数、形をおおまかに決定

  • 2回
    キッチン、トイレ、バスなどの水回り
    それぞれの大きさ、利用するブランド、色
  • 3回
    ドア、階段、クローゼットや押し入れなどの大きさや中の構造
  • 4回
    家の外の色や素材、バルコニー、洗濯干し場
  • 5回
    登記などについての法的な相談、外構、手すり、表札、植える植物
  • 6回
    電気の数、カーテンやブラインドの色、湯沸かし器、クーラーなどの設置場所
  • 7回
    床の色、床の上の枠の色、ドアの色


毎回決定された内容は、3Dのシミュレーションに記録されます。そして、その画像を見ながら、必要に応じて決定事項を変更していきます。

住友林業との打ち合わせ後、案内されるウェブサイト

 打ち合わせが終わると、今度は会員限定のClub Forestに招待されます。

中はこんな感じです。着工してから、どんな風に家が作られているのか、状況をアップロードしてくれます。

私は日本にすらいませんでしたが、家がどのように建って行くかの様子を確認することができ、大変助かりました。

住友林業との打ち合わせ まとめ

れと家は56㎡の敷地に建てた狭小二世帯住宅。そんなこともあって、決める項目数も少なかったかもしれません。

恐らく、7回という数字って、最低数なんじゃないですかね。普通、こんな短い回数じゃ終わらないと思います…。


もし、これが2倍の敷地を持つお家なら、2倍、物事を決めるのに時間がかかると思います。この打ち合わせ以外にも、LINEや電話などで相談したこともありました。

あくまで体験談ということでご参考ください。打ち合わせがまだでしたら、こちらの記事も役に立つと思います。

ご参照下さい。↓

タイトルとURLをコピーしました
letlog