【国際結婚手続きin日本ブログ】中南米人が相手で発生した1つの問題と処理方法

INTERNATIONAL MARRIAGE
Photo by Lindsay Loucel on Unsplash
マニュエル
マニュエル

日本人のれとと、コスタリカ人の僕の日本での国際結婚手続き。

問題なく終わってよかったね!

れと
れと

問題ありありだったわよ~ (´;ω;`)

処理にちょこっと苦労したわ…。

この記事は、日本で中南米人との婚姻手続きを行って発生した問題と、どうやってそれに対処したかの体験談です。


結果からいうと、中止は回避できました。


私たちは、お互い第3国にバラバラに住んでいました。そのため、一時的に2週間だけ日本に滞在しての手続きで、時間制限があったのです。


ちょっとした手続きのミスが原因で婚姻手続きの中止をしなければならない可能性が発生し、冷や汗をかきました。次回日本に行くことができるのは、いつになるか分からなかったからです。


こんにちは、れとです。2019年4月、ヨーロッパに住む私と、アメリカに住むマニュエルは、日本に集合して国際結婚手続きを行いました。


結婚手続きの全容については、こちらをご確認下さい。



この記事では、以下について記載しています。

✔ 婚姻手続きを行って発生した問題
✔ どうやってそれに対処したかの体験談



それでは早速案内していきますね。

国際結婚手続きを日本でおこない発生した問題|スペイン系の名前を持つ人について知っておくべきこと 

まず、発生した問題の話をする前になんですが、中南米スペイン系の方々の名前の構成が日本と異なるため、前提としてその説明をさせて下さい。


問題の発生は、彼の持つスペイン系の名前に起因します。

中南米スペイン系の姓名の構成

中南米スペイン系の名前を持つの方々は、3つか4つの名前を持つのが一般的です。子供の命名の仕方は以下の通りです。

お父さん
Jose Fernando Garcia Amador
お母さん
Maria Laura Soto Ruiz
子供
Julio Carlos Amador Ruiz
①   ②   ③    ④

①、②は名前です。親が1つか2つ、子供につけたい名前を選びます。
③、④は姓名で両親から引き継がれます。③を父系姓、④を母系姓といいます。



そして、コスタリカ人の夫によると、姓名の長さや数に制限は無いのだそうです。これはスペインと同じですね。パブロピカソなんて長い名前で有名です。


そして、ミドルネームという概念がありません。


①、②は名前、③、④は姓である、という説明となるのですが、日本ではミドルネームなのかどうかを聞かれ困りました。この辺りは、自分が説明しやすいように役所の方に整理して説明する必要があります。


そして、これらの中南米スペイン系の方々は、夫婦同姓制度もなく、結婚してもどちらかの姓を変えるということはしないそうです。


スペイン系の名前を持つ人は、一生名前が変わらないんですね。

「出生証明書」の名前と「パスポート」の名前が違う!

pixabay.com:Question Mark Illustration

問題の核心です。区役所に婚姻届を提出して2日後のこと。


区役所から電話がかかってきて、「婚姻届に必要な文書に不備があって、手続きを先に進めることができないので、至急来てください」と言われました。


区役所に急いで行くと、夫の提出した出生証明書の名前が、本人のパスポートの名前と一致していないとのことでした。


そんなばかな。


しかし、公的な文書がいい加減なことって日本ではあまり無いと思うんですが、国によってはよくあります。でも生まれた時の名前とパスポートの名前が違うなんてこと、考えられますか?


夫が東京の区役所宛てに用意した文書は、わざわざ本人がコスタリカに2週間帰り文書を発行してもらい、日本に持参したものでした。


そのため、また取りに行く、ということは簡単ではありません。

Photo by Trevor Cole on Unsplash

文書を確認すると、

「出生証明書」と「婚姻要件具備証明書」は4つの名前

「パスポート」は3つの名前

が記載されていました。


上述の表の例で例えれば、生まれた時にはあった①Julioが出生証明書にはあるのに、パスポート上には無かったんですね。


公的文書に掲載された名前が違う、ということは、文書が同じ人間に発行されたことを証明できないということです。


文書は事前に翻訳が必要な箇所があったので、全て目を通していたつもりでした。夫も同じく目を通していました。なのに、二人とも気づきませんでした。


そもそも、私は結婚の手続きに入るまで、夫が4つ目の名前を持っているという事自体知りませんでした。普段目にしていた公的文書には3つの名前しか記載がなかったので。


これらの提出文書は、区役所にも事前にデータを提出して確認して頂いていたのですが、役所の方もこの時点まで気づかたなかったようで困惑していました。


外国の公的な文書で「やられた!」と思ったことは過去何度もありますが、役所で震えたのはこれが初めてでした。

なぜ公的証明書の名前がランダムなのか。

コスタリカでは、18歳になると身分証明書が付与されます。


その時に、夫は4つ目の名前を「不要」だと考えました。そこで不要な名前を身分証明書に掲載しないようリクエストしたそうです。そうして、出生証明書に記載のあった4つの名前は、その証明書カードでは3つになりました。


そして、その身分証明書を元に、3つの名前でパスポートが作成されました。


そんな簡単リクエストで出生証明書と違う名前でIDの発行が可能って…。柔軟すぎやしませんか、コスタリカ政府。この問題は、コスタリカ特有なのかも涙

公的文書の名前が一致していなくても婚姻は可能か。

問:いくつかの公的文書の名前が一致していなくても婚姻手続きは進むか


答え:ケースバイケースだと思われます。私たちは、陳述書の記載により、先に進むことができました。問題が発生した場合は、この「陳述書」が問題を解決するための手段であるようです。


コスタリカ政府により発行された文書には、マイナンバーのような数字が掲載されていました。それによって、恐らく同じ人物に発行されたであろうことが推測できました。


何故恐らくなのかというと、数字は似通っているのに、数字の間に不思議なコードが印字されていて、完全には一致していなかったからです泣。


区役所のカウンターで役所の方々は困り果て、奥から他の人も出てきて首を捻っていました。


しばらくして、私の夫は、これらの文書が嘘でないことを証明する「陳述書」の記載を言い渡されました。A4一枚くらいですね。


「何故、このような公的文書が発行されたのか」、「その経緯と嘘をついていない」ことを日本語で作文にする、ということでした。


夫は日本語ができないので、もちろん私が書きました。


役所のカウンターで、鉛筆で「下書き」、役所の方の添削を経て、ボールペンの「浄書」、と2回書きました。計1時間程を要します。


夫は横で「日本人細かすぎるよ」と、このジェスチャーです。┐(´д`)┌


書き終えた後、夫がサインをして提出です。内容をまったく理解できないので、本当に形式ですね。


この陳情書でうまくいくか否かは区役所の方々も分からなかったのですが、この2日後に無事「婚姻証明書」が発行されました。


相当に特殊なケースだったと思うのですが、区役所の方々には柔軟かつ丁寧にご対応いただき、本当にお世話になりました。

国際結婚手続きを日本でおこない発生した問題 まとめ

結婚手続きは、恐らく人生で一度経験するかしないかの滅多にない手続きですよね。ルールも国によって違うだろうし、どうしても不透明なことが出てきて手続きに不安感が生じます。


しかし、難しそうなイメージはありますが、やってみると大変かというとそうでもなくて、淡々と手続きをこなしていくイメージでした。


しかし、この「陳述書」。外国籍の人との結婚手続きで日本人的に辻褄の合わない箇所が出てきた時の最後の切り札なんでしょうね。この方法が無かったら私たちは手続きを進めることができなかったと思うので、この逃げ道を作って頂いていることに本当に感謝です。


ところで、この後コスタリカ大使館に婚姻の届け出をしました。これでコスタリカ政府のホームページで夫のステータスが「結婚済」に変更されるはずなです。ところが、婚姻の承認が待てど暮らせど「結婚済」にならない。


夫は在東京コスタリカ大使館とコスタリカ外務省に連絡して、プッシュし続けました。すると、なんと、私たちが提出した文書は、コスタリカ外務省を辞めた人の机の中で眠っていたと。


驚愕です。


とりあえず届け出を提出してから4か月後、無事にステータスが変わりました。

PR:婚約・結婚指輪はケイ・ウノを見てから

婚約・結婚指輪の準備はお済みですか?まだなら、ケイ・ウノの婚約・結婚指輪を一度見てみてください。


小ぶりでシンプルでありながら、とても洗練されたデザインなんです。


ケイ・ウノには、お洒落で可愛いオリジナルのデザインが豊富に取り揃えられていいます。洗練されたデザインの数々の中に、きっとあなたが欲しいデザインに近い物が見つかりますよ。


そして、自分達だけのオーダーメイドの指輪を作りたい方には、各店舗に職人とデザイナーが常駐していて、目の前でデザイン画も描いてくれます


世界中でたった1つずつの、2人だけの特別な指輪を作ることができるんです。


デザイン・製作・販売を一貫して行って、既製品と同じような価格でオーダーメイドの作品を作ることが可能です。


結婚指輪は、一生身につける物。納得できるデザインを選びたいですよね。


ケイ・ウノの店舗は北海道から沖縄まで全国30店舗。

>>>ケイ・ウノの公式サイトはこちら

もし、出向くことが難しければ、オンラインでの相談することも可能です。


とりあえずは一度、店舗に相談をして、自分の欲しい指輪のデザインが叶うか聞いてみましょう。デザインから見積もりの料金は、もちろん無料です


デザイン画と見積もり料金をとりあえずもらって、他の製作会社ときっちり比較して、後悔の無い指輪を手に入れてくださいね。


ぴったりの指輪が見つかりますように。

Photo by Lindsay Loucel on Unsplash

タイトルとURLをコピーしました
letlog