国際結婚|第三国に2人とも居住している場合の一緒に住むまでの手続き一覧

INTERNATIONAL MARRIAGE
Photo by Andreas Selter on Unsplash

この記事は、昨年国際結婚した際に行った、手続きを一覧にしたものです。

当時私がヨーロッパ、主人がアメリカと、お互い第三国に住む外国人同士で遠距離恋愛をしており、全ての手続きを終えて一緒に住むまでにそれなりの時間がかかりました。

結局、プロポーズから丁度12か月を要しました。

これからの時代、同じような人も出てくると思い、一緒に住むまでの手続きを記事にしておきます。

国際結婚|第三国に2人とも居住している場合の一緒に住むまでの手続き一覧 

まずは当時の状況から説明します。

国際結婚が第三国に居住中に決定してからの時間軸

一緒に住む前までの時間軸は以下の通りです。

2018年2月  
アメリカ東海岸で知り合う。元々飛行機が必要だったので、最初から遠距離。
2018年6月  
出会って4か月後、私がヨーロッパに転勤。
2018年11月  
夫がヨーロッパに会いに来てくれ、11月にプロポーズ

元々遠距離だったので、事が早く進んだケースですね。

上記のとおり、プロポーズ時は、日本人である私がヨーロッパ在住、コスタリカ人である主人はアメリカにいてL2査証で在住、という状態でした。

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

第三国に居住中に国際結婚した時の具体的な手続き

11月にプロポーズを受けてから、行った手続きは以下の通りとなりました。

私たちは東京にコスタリカ大使館があることを踏まえ、利便性を考慮し、東京での婚姻手続きを選択しました。

一緒に住むまでの道のり
1 婚姻事前準備(2019年2月から始動。)
(1)夫
A. コスタリカに一時帰国し、以下を入手。(所要時間1週間半)
   a. Single certificate
   b. Birth Certificate
B. a,bの翻訳を公的翻訳機関に発行してもらう。
C.  コスタリカの公証役場から、これら全ての文書にアポスティーユを得る。

(2)私
 日本で戸籍謄本を戸籍地から入手(親戚経由)し、実家に保管。

(3)二人
 東京に行く予定を確定し、飛行機等を予約。
2 各国から日本に集合/婚姻手続き(4月)
手続きのため、日本に集合。(2週間滞在でぎりぎりです。)
(1)区役所への届け出(所要時間:1日)
 ↓
(2)区役所による婚姻証明書の発行(所要時間:3日)
※通常手続きの2日後程で発行されるようですが、私たちは問題があったために届け出から計4日を要しました。
 ↓
(3)婚姻証明書の翻訳及びアポスティーユ入手(所要時間:4日)
 ↓
(4)コスタリカ大使館にアポを取り付け、婚姻証明書を提出(所要時間:1日)
3 二人とも各国に戻り、仕事。(4月中旬)
ここで、諸事情から私の6月からの東京本社勤務が決まる。
4 私の日本帰国(6月)
日本帰国直後、市役所で私の苗字を夫の名前に変更(手続き一日)。
この時、11月までの予定だった夫のアメリカ滞在が延長決定。
夫の査証(L1査証)の更新開始。
5 パスポートの発行(8月)
私の苗字が変更された新しいパスポートが発行される。(所要時間:2週間)
コスタリカでの婚姻が承認される。
6 夫の査証更新(9月)
夫が一時的にコスタリカに戻り、米国大使館で査証を更新。(2週間)
夫が迎えに来る予定であったため、日本からの二人分の航空券を購入。
7 私の米国査証申請手続き(11月)
夫の査証情報を元に、私が東京の米国大使館で査証申請(L2)。(2週間程)
8 査証が家に到着(11月)
9 アメリカに私が渡航(12月)

上記の通り、プロポーズを受けた2018年11月から2019年11月まで、一緒に住むことができるようになるまで、丁度一年かかりました。

日本での具体的な手続きと、名前の変更についてはこちら↓をご参照ください。

遠距離恋愛については、こちら↓

国際結婚|第三国に2人とも居住している場合の一緒に住むまでの手続き一覧 まとめ

日本人同士であれば、一日で終わる婚姻手続き。

外国人同士が他の国から遠隔で色々と進めようとすれば、状況に応じて時間がかかります。

それを十分わかっていたので、私は夫に以前から「結婚!ってなっても、私たちの場合は手続きで半年は軽くかかるから、結婚考えてるなら早めにやらないと、後ですぐって思っても手続きは早まらないし、しばらく一緒には住めないよ。」ということを伝えていました。

実際、思った通り時間がかかりましたね。丸一年要したわけで。

一方で、引っ越しもあったし、名前を変更して、婚姻以外に必要とされる手続きもあったし、慣れないオフィスでの仕事もしながらで、なんとなくいつもやることがあって、あっという間の一年間でした。

これから外国の人との結婚と海外への渡航を考える皆さん。

手続きは淡々と指示通りにすればいいのですが、何で手続きが止まるかは役所側の処理もあることなので、未知数です。

結婚を考えているなら、手続きの事を踏まえて、計画的に事を進められるよう二人でよく話し合えるといいですね。

PR:婚約・結婚指輪はケイ・ウノを見てから

婚約・結婚指輪の準備はお済みですか?まだなら、ケイ・ウノの婚約・結婚指輪を一度見てみてください。


小ぶりでシンプルでありながら、とても洗練されたデザインなんです。


ケイ・ウノには、お洒落で可愛いオリジナルのデザインが豊富に取り揃えられていいます。洗練されたデザインの数々の中に、きっとあなたが欲しいデザインに近い物が見つかりますよ。


そして、自分達だけのオーダーメイドの指輪を作りたい方には、各店舗に職人とデザイナーが常駐していて、目の前でデザイン画も描いてくれます


世界中でたった1つずつの、2人だけの特別な指輪を作ることができるんです。


デザイン・製作・販売を一貫して行って、既製品と同じような価格でオーダーメイドの作品を作ることが可能です。


結婚指輪は、一生身につける物。納得できるデザインを選びたいですよね。


ケイ・ウノの店舗は北海道から沖縄まで全国30店舗。

>>>ケイ・ウノの公式サイトはこちら

もし、出向くことが難しければ、オンラインでの相談することも可能です。


とりあえずは一度、店舗に相談をして、自分の欲しい指輪のデザインが叶うか聞いてみましょう。デザインから見積もりの料金は、もちろん無料です


デザイン画と見積もり料金をとりあえずもらって、他の製作会社ときっちり比較して、後悔の無い指輪を手に入れてくださいね。


ぴったりの指輪が見つかりますように。

写真:Photo by Andreas Selter on Unsplash

タイトルとURLをコピーしました
letlog