ミニマリスト/小さな部屋をお求めの方に海外で小型住宅販売中。

NEWS
Photo by bantersnaps on Unsplash

今日は、ミニマリストで小さな部屋に住みたいと言う方に海外から「エコカプセル」のご紹介です。

ご覧ください!

この美しい、丸っこいデザイン!

ドラゴンボールのホイポイカプセルから出てきそうです。

このカプセル、一般的な車より軽いそうです。

日本だと、屋上とかに設置できそうですよね。そこに住んで下のビルに出勤とか、ちょっとかっこいい気もします。

これで森とか海辺で数週間二人っきりとか、ロマンチックな気もしないです。

写真:ecocapsule

ミニマリスト/小さな部屋はスロバキアで生まれた

このエコカプセル、スロバキアのブラティスラバで作成されており、2018年にオリジナルバージョンの卵型ハウスを発表しました。


オリジナルのバージョンの価格は、日本円で900万円程でした。

写真:ecocapsule

パークレンジャーやサイエンティスト等、突然宿泊施設を必要とするような事態が発生した人たち向けに開発されたそうです。

しかし、販売を開始してみると、ニューヨークやシリコンバレーからゲストルームや屋上に設置する施設として購入を希望する声があがりました。

写真:ecocapsule

そして、2020年、5月に更に小型で低価格の卵型ハウスを発表しました。

この小型卵型ハウスの現時点の最新バージョンのスペックは以下の通りです。


販売元:Ecocapsule( Bratislava, Slovakia)
広さ:68 square-foot(6.3平方メートル)
重さ:6000pounds(1,360kg)
価格:$56,000(約580万円)
機能:太陽光発電、風力発電、エアコン(それぞれオプション)、電力は自立型にすることが可能。
カスタム:内装の色は変更可能
推奨される用途:家、オフィス、ゲストルーム、コテージ別宅等
発送先:世界中

かなり価格が下がりましたね。

電気のエネルギーの供給源は、設置する場所によって変更が可能です。

水は、以前のバージョンだと、雨水や湖の水をろ過して利用できるようになっているようです。

内装は、カスタム可能なそうで、つけたいオプションによって価格が異なります。

眠るスペースとしては、2人分だそうです。

写真:ecocapsule

スマートハウスでもあるので、色々とスマホで機能させることも可能とのこと。

現時点で既に世界中に発送されているそうです。


ミニマリスト/小さな部屋が販売中 まとめ

ということで、スロバキア発で約580万円のホイポイかぷせるにでてきそうな家がが販売中!というニュースでした。


ところで、昔、このエコカプセル誕生の地、スロバキアのブラティスラバに2年住んでいました。

スロバキアは本当に素晴らしい国で、大好きな国です。

中欧を旅行、ということであればブラティスラバ観光は半日で十分なので、是非日帰りで行ってみてください。

小さな旧市街は本当に本当に美しいです。

もし将来的に住むことが選択できるのであれば、超がつくほどおすすめの国です。


物価は安いし、旧市街は本当に楽しいし、自然は本当に美しいし、ウィーンは近いし。

あと、ワインとチーズは安いし、とても美味しいです。

そして、人が本当に誠実で、優しくて、温かい。本当に誠実な人が多いんですよ。

現地の方々と一緒に仕事するのも本当に楽しい日々でした。

ご飯は…正直に言うと、たぶん日本人好みでは無い傾向があるのですがね。

でも、羊のチーズのニョッキ、ブリンゾベーハルシュキや、ポテトのお好み焼きパラチンキ―等は、しょっぱいのですが、癖になる味です。



エコカプセルの詳細を知りたい方はこちら:https://www.ecocapsule.sk/

参考:https://www.businessinsider.com/ecocapsule-space-micro-unit-off-grid-tiny-home-2020-6

参考2:https://www.businessinsider.com/ecocapsule-tiny-homes-powered-by-wing-and-solar-2020-6

写真:Photo by bantersnaps on Unsplash


タイトルとURLをコピーしました
letlog