アメリカの感染者数と自粛生活開始223日後の日常生活、自粛を楽しむサービス

INTERNATIONAL LOVE
Photo by Volodymyr Hryshchenko on Unsplash

この記事は、アメリカマサチューセッツ州、ボストン郊外にいる私達国際結婚夫婦の日常の記録です。


引用:https://www.nytimes.com/interactive/2020/us/coronavirus-us-cases.html

本日(10月19日)時点のアメリカ全体の状況です。

総患者数:8,216,200人

死亡者
: 219,775人


相変わらずとどまる事を知りません。

4月には「ウィルスは奇跡のように消える…」なんて言われた日もありましたね。


こちらは私が今滞在しているマサチューセッツ州です。

引用元:https://www.nytimes.com/interactive/2020/us/massachusetts-coronavirus-cases.html

総患者数:144,400人

死亡者
  : 9,753人


患者数は少な目といわれる州ですが、最近またじわじわ増えています。


こんにちは、れとです。

ボストン郊外で、2019年に結婚したばかりのコスタリカ人の夫マニュエルと2人で暮らしています。


ふと気づくと、ブログを初めてから一回もコロナウィルスをに取り巻かれた自分達の状況について書いてない…。

そんなわけで、現在の状況の記録をしておくために、今日は当地の日常を記しておこうと思います。


3月11日に夫が自宅勤務を言い渡された日から今日で223日が経過しました。

もう半年以上家に引きこもっています。

自粛生活中の街の状況

今日は2020年10月19日。

夫が自宅待機を言い渡されたのは、3月11日の事でした。


マニュエル
マニュエル

今日から家で仕事するよ~!やったね!

れと 
れと 

やったね!やったね!!!!!!


あの時は、自宅待機がこんな長い事になるなんて思ってもみなかったなー。

最初の自宅待機の予定は、5月まででした。


マスクした人達しかいないアメリカの光景は本当に予想していなかったですね。

今でも違和感です。

トイレットペーパー騒動、アルコール、食肉不足はあったけど、今は解消

Photo by Markus Spiske on Unsplash

3月後半当時は、トイレットペーパー騒動が世界中で起きてましたね。

ここも例外ではなくそんな日々もありました。それから、アルコール、食肉がなくなりました。

でもそれも2週間程でしたね。

今は、どこのスーパーもすっかり全ての品物が戻っています。


ただ、今でも買い物は所により人数制限あり。マスクが無いと、どこにも入れません。

レストランは外のテラスで

Photo by Markus Spiske on Unsplash

レストランは営業しているのですが、基本テラスのみ。

屋内には人数制限がかけられていますが、皆怖がって中では食べません。


今はまだ外でも営業できる状態ですが、もう10月中盤になったら無理でしょうね。

この辺りは北海道と同じ緯度です。


もうすぐ雪も降り出すだろうし、外に滞在し続けるのは厳しいですね。

歯医者や病院に行けない

アメリカって元々医療費は高いし、病院の予約はとれないしで病院の敷居が高いんです。

それが、コロナでますます敷居が高く。


予約の一か月待ちはザラ。

歯医者は、前回3月以降、10月に入ってようやく診察してもらえることができました。

こんな待ってたら、悪化しちゃうよね。色々と。

自粛生活の生活

Photo by Chris Montgomery on Unsplash

今年の3月11日から、私とマニュエルは、毎日休みなく24時間一緒です。

全然違和感無いけど。


2人とも基本的にきちんと朝早く起きて、マニュエルは家で仕事。

家の中で数十人と会議とかしてますね。

結構大声ではっきり話さざるを得ないので、私は気が散る…。

家で働いてくれるのは嬉しいけど、やっぱり書斎が欲しいな。


私はその間ブログしてます。

仕事を探していたんですが、私は免疫不全の気があるので、外の勤務はしばし断念しました。

2人の日常

Photo by Nathan Fertig on Unsplash

2人でNETFLIXを見たり、一緒に外を散歩したり、運動したり。


ようやく2019年12月に一緒に住み出せた新婚だからかなー。全く違和感も問題も無いです。


昨年4月に遠距離結婚したばかりで、結婚した後も半年間日本とアメリカでばらばらだったんですよね。

なので、未だに一緒にいられる事が奇跡だと感じられていて、毎日幸せでしょうがない

めっちゃのろけててうざいです、ごめんなさい。新婚なので許してください。


もし、もう少し査証の申請が遅かったら、私の移住間に合わなかったかもしれないし。

ほんっとうにぎりぎり駆け込みセーフでした。


まぁ、たまに喧嘩はあります。丸一日話さないくらいですかね笑。

私が、話さない状況が耐えられない人で彼に話しかけ続けるので、結局折れて話し出してくれます。


れと家は、もともとご飯を作るのはこだわりのある私で、マニュエルはお皿洗い係。

他の家事は2人でします。

ありがいことに家事で揉めることは無いですね。

自粛疲れの息抜き。フードデリバリーサービスで家をレストランに

Photo by Ezequiel Garrido on Unsplash

私は毎日ご飯を作るのは全然苦じゃないんですよね。

以前は、独身生活で多忙な日々を過ごしていて自分で作る時間もなかったので、こうして作る時間が持てる今が嬉しいくらい。


一方で、マニュエルは、私が毎日作り続けることに申し訳なく思っているようで、最近は毎週末出前をするようになりました。

アメリカで出前の仕方はこちらです。↓



で、オーダーしてみたら。


当たり前だけど、買い物量も減るし、楽!

出前したくて仕方なくなりました笑。

おまけに、家がレストランみたいになって楽しい。


アメリカ在住の方、これ、今活用しない手はないです!

レストラン側も、国もレストラン支援策を一生懸命やっていて、割引が色々と提供されています。

結果、元々の料金の70%OFFくらいの金額で食べられてしまうことも。


先日FOGO DE CHAO(ブラジル高級シュラスコ店)で2日分くらいはありそうな肉を2人分オーダーしましたが、なんとチップ込みで50ドルかかりませんでした…!

ボストンでステーキ肉が2人分で50ドルって衝撃の安さです!!

客が食べれば、お店の人も助かってウィンウィンということで、ここぞとばかりに食べてみたかったものをオーダーしています。


すいません、少し興奮しちゃいました…。


日本でも Go to キャンペーンなどで様々な割引が適用されていますね。

オンラインでレストランのご飯や、食材がオーダーできる便利なサービスがあります。

是非息抜きに利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインの使える食材屋、結構あるんです。家で作ることができれば安心でもありますよね。


いくつかご紹介します。

UBER EATS

れと家もヘビーユーザーな、UBER EATS

なんだかんだクーポンが発行されて、かなりお得にご飯が食べられます。


クーポン割引使うと、食べに行くより安い時がある謎…。

本当に便利です。UBERと一緒で、配達されてる過程も、どこに配達人がいるかわかっていいですよね。

近くに来たら、ピックアップしにアパートの外に出ていきます。

一回頼むとはまります…。

なんだろう、ゲームみたいなこの感覚。

【a】Uber Eats  フード注文

食宅便

食宅便の商品は、管理栄養士が参画の下開発。

栄養バランスに優れていて、バリエーション豊富なメニューを選べます。

自宅に届くのは、冷凍のおかず7食のセット。

7食もの種類を作るのは大変ですが、食宅便で選べばレンジでチンですぐ出せます♪

おすすめポイント

✔ 「食宅便」を運営する日清医療食品は、全国に約9千人の管理栄養士をようするヘルスケア会社。

✔ 栄養バランスを特に配慮した商品。健康志向な方向け。

>>>累計2,000万食突破!! 大人気の食事宅配サービス「食宅便」

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやは、30年もの間食材サービスを提供する老舗。

有機・無添加食品などの心から安心できる商品のみが届きます。

おすすめポイン

✔ 様々なメディアで紹介さ(めざまし、カンブリア宮殿など)

✔ 有機・低農薬農業だからこその野菜本来のおいしさを味わえる

✔ 環境保全にこだわった商品展開

>>>らでぃっしゅぼーや 4週間トライアルを申し込む

おいしっくす

20周年以上サービスを提供するおいしっくす。

旬の厳選野菜や時短を考慮してつくられたミールキットなどを販売しています。

お子さんに安心安全な食事を提供したい!というご家族に支持されています。

おすすめポイント

✔ レシピを見ながら簡単に作ることができるキットが届く

✔ 合成着色料・合成保存料利用なし

✔ 共働きの家庭やお子さんを育てている家庭に人気

>>>【kit Oisix】20分で2品作れます♪
\!おためしセットが50%OFFの1,980円!!/

自粛生活の行く末

Photo by 🇨🇭 Claudio Schwarz | @purzlbaum on Unsplash

本日、3月19日、夫の会社でオフィスに置いてあった荷物が全社員に渡され、オフィスは完全にカラになりました。

私物以外のモニターなどの類も全て社員に渡されました。なので、オフィスは今日を以て空っぽ。

もう誰も行かない事を予想しているようです。

そして、現在の予定では既に1月までは出勤禁止。

まだまだ自粛生活は続きそうです。

自粛生活を開始して223日後のボストン郊外の日常生活 まとめ

ウィルスのせいで苦しむ人がいる…。

それは重々理解していて心苦しいんですが、正直、「この自粛生活」に切り替わり、嬉しい自分がいます。


仕事を休業してすぐアメリカに来て、仕事を探そうと思ったら、コロナウィルス蔓延。

正直、昨年仕事でヨーロッパから日本に引っ越したばかりで、再度のアメリカへの引越で疲れていました。

ゆっくりお休みを頂けているように思えて嬉しい。

そして何よりも、2年以上遠距離恋愛していたマニュエルと際限なく一緒にいられるのを嬉しく感じています。


最近になってようやく、私も外に出て働きたいなぁと思う事も出てきました。

自分を見つめられる時間です。

タイトルとURLをコピーしました
letlog