【ブログ】アメリカで始める?それならbluehostサーバー+WordPress一択!

BLOGGING
Burst from Pexels

お知らせ:このページには、Blue hostのアフィリエイトリンクが設置されています。このサイトからBlue Hostへの申し込みが入ると、レトログにコミッションが支払われます。

はりねずみ
はりねずみ

アメリカでブログはじめたい!

どうやって始めればいいの?


こんなお悩みをお持ちですか?


この記事でご紹介するセットでブログを開始すれば、失敗しない近道スタートでブログ運営を開始することができます。


こんにちは、れとです。

2020年6月、アメリカで日本語ブログを立ち上げました。
私がブログを作成するにあたり、抑えたかったポイントは以下です。

  •  どこかのプラットホームが無くなっても永続するブログにしたい。
  •  自分が表示したくない他社のロゴ等を表示したくない。
  •  自分にお金が入って来ない広告を表示したくない。
  •  収益をあげたい。 
  •  アメリカで全ての支払いを済ませるため、アメリカのサーバーが必要。

だけど、上記を叶えるなら、一体どのプラットホームで書けばいいの?と悩みますよね。
そして、下の3つの疑問にぶち当たりました。


✔ 無料ブログがいいの?それとも有料ブログ?

✔ ソフトウェアはWordPressそれともSQUARESPACE?

✔ アメリカのサーバーを利用したい場合は、どのサーバーを利用すればいいの?



結局、色々と検討した結果、WordPress+Bluehostに辿り着きました。
この組み合わせは、本当にゴールデンコンビなんです。

無駄な投資をしたくなかったので、この回答に至るまで、ネット上を調べまくりました。

この記事はその結果であり、アメリカでブログを立ち上げることを検討しているブログ初心者で無駄な時間を省きたい方のための記事です。


WordPress+Bluehostの利用に当たっては、申込む順番が重要になります
順番については記事の最後に記載していますので、そちらをご覧ください。

因みに、5か月現在少額ながら収益は4桁発生中です!
それでは、ご紹介していきますね。

【ブログ】アメリカで始めるならbluehostサーバー+WordPress一択!

まずはプラットフォーム選びからですね。

無料ブログが良いのか、有料ブログが良いのかについて解説していきます。

有料ブログか、無料ブログか

このサイトでは、断然優良ブログをおすすめしています。理由は以下です。

無料ブログは、自分の記事が自分の財産にならない

昔とある無料ブログでブログを運営していましたのですが、そのブログサイトがサービスを終了し、他の事で忙しくしている間にサイトごと削除されたことがあります。


大事なデータを掲載していたので、消えたデータについてしばらくくよくよしました…。その経験から、同じ轍は踏みたくない、二度と消えないウェブサイトを作ろうと考えました。



有料ブログでは、必要であればコンテンツを他のサーバーに移動することもできます。

無料ブログの広告は自分の利益にならない

無料ブログ運営会社は、ブログを投稿するユーザーのページに表示される広告から収入を得ています。自分の記事が元でビジターが生じているのにも関わらず、発生する広告収入が自分に還元されないのは残念だと感じていました。

有料ブログであれば、自分の記事が有用だと認められれば、その分の広告収入が自分に入ることになります。

無料ブログはデザインに限りがある

無料ブログでは、かなりのテンプレートがあり、それなりに自分のイメージするデザインに作ることができます。

しかし、自分が満足する程にデザインが充実しているわけではありません。

私の場合は、シンプルさを追求したかったのですが、どうしても要らぬパーツがページ上に表示されてしまうのが嫌でした。有料ブログであれば、デザインも限界無く自分自分が好きなようにデザインできます。

ソフトウェアはWordPress

私個人的には、WordPressでよかったと思っています。

ウェブデザイナーの友人に、プラットホームはWordPressでいいの?と聞いてみると、Wix、Shopify、SQUARESPACE…と色々なソフトウェアがおすすめされました。

初心者の私でもできるのはどれ?と聞いてみると、ShopifyとSQUARESPACEだと。

というわけで、SQUARESPACEで一週間ブログを仮運営してみました。同時並行で、ネット上で一番おすすめされているWordPressを利用してみました。


そして、SQUARESPACEを利用してみた感想は以下の通りです。


  • SQUARESPACEは、洗練された見た目のテンプレートが多い。しかし、写真の表示が大きい広告業界や商売向けのテンプレートが多く、ブログ用となるとテンプレートの選択肢が限られる。対して、WordPressはテンプレートは無限で、着せ替えも簡単。


  • SQUARESPACEのデザインは、アルファベットが並ぶと美しい。一方で日本語をたくさん表示すると、イメージが劣ってしまう。


  • SQUARESPACEのビジュアルエディターは利用しやすいけれど、どうしてもいじることのできる範囲に限界がある。


  • 困った時に、WordPressは利用者が多いのでネット上で回答が見つかりやすいが、SQUARESPACEは回答を見つけるのが難しい。


  • SQUARESPACEも有料ブログであり、サーバーのプラットホームもSQUARESPACEが提供している。そのため、もしSQUARESPACEが消滅したら、無料ブログのようにプラットホームを失う危険性がある。WordPressはサーバーを他に変えればいいので、ブログが突然削除されてしまうようなことは基本無い。

WordPressにすべきだ、と感じた一番の理由は、何かわからないことを調べた時にネット上に回答が見つかる可能性が圧倒的に高いと感じたからです。



WordPressにより作成されているウェブサイトは、世界中のウェブサイトの実に35%
日本語、英語いずれにしてもWordPressのコミュニティはとても大きく、どこかに回答が落ちています。


対するSquarespaceはスラックでコミュニティが形成されていますが、ネット上で回答がなかなか見つかりません。ウェブサイトをいじろうと思うと、小さなことでも頻繁に調べなくてはならないので、多くの人が利用するWordPressの方が利便性が高いと感じます。

サーバーはBluehost

Bluehost一押しです。


私は、最初日本のサーバーの利用を考えたのですが、サイト作成時住所がアメリカだったので、後々収益が発生した場合のことを考えると、アメリカで全て支払いを完結する必要がありました。


初めは、HostGatorというサーバーを検討していました。しかし、他のビデオを見ていると、やたらとBluehostが出て来る。ステマ?と思いつつも、いずれにしろこの2社が大手2社であり、BluehostとHostGatorのいずれかからサーバーを決めることにしました。


BluehostとHostGator、実は同じ会社の傘下なのだそうで、提供されているサービスは似通っていて、両方を比較するサイトがアメリカにはたくさんあります。

その中で、2つ決め手がありました。

WordPressとの相性

Bluehostは、WordPressがすぐ利用できるように仕組みが作られていて、相性が抜群です。

そのため、Bluehostのサーバーに申し込んだら、WordPressのインストールは、数クリックだけ(!)。実際、私はBluehostからWordpressをインストールしましたが、本当に簡単でした。

重要なので、書いておきます↓。

玄人以外が、別々に契約したWordPressとサーバーを繋ぐことは簡単ではありません。初心者ではお手上げになる可能性が高いです。いくら別々に契約した方が安価になっても、WordPressとサーバーが連携されていないサーバーを別々に契約するのは絶対に避けることをおすすめします

HostGatorはこの仕組みが構築されていないため、自分でWordPressとサーバーを繋ぐ作業が生じます。

スピードはどちらが早いの?

Bluehostは、東京ではHOSTGATORよりも圧倒的に早いです。
以下の表は、Inlinehostblogger↗というサイトからの引用です。

Tokyoの速さを見てみてください。

引用:HOSTGATOR VS BLUEHOST – WHICH HOSTING IS THE BEST IN 2020?


実は、Bluehostの方が世界全体でみるとロードタイムが遅いのですが、東京では早いのです。

上の比較表を見ると、HOSTGATORは時間がかかり過ぎているのが明らかなので、Bluehost一択のみとなります。

値段はどうなの?

BluehostとHostGatorのいずれも、キャンペーンをしてユーザーを囲い込むことが多く、その時々により金額は変わるようですが、ほとんど金額は一緒です。

申し込むプランにもよりますが、一か月5ドル以下程でサーバー利用が可能です。

まとめ

以上から、Bluehost+Wordpressの組み合わせが断然おすすめです。

インストールの順番は、


  1. Bluehostと契約
  2. BluehostのダッシュボードにWordpressの案内→インストール


順番を間違えると、後々面倒が発生する可能性があるので、必ずこの順番で作業をしましょう。bluehostの案内に従いWordpressをインストールすれば、本当に一瞬でインストールが終わります。


この仕組みのおかげで、恐らく相当な時間の節約ができたと感じています。




【注意】

Bluehostの案内に従っていくと、WordPressにも登録を促されます。しかし紛らわしいことに、WordPressにはWordpress.orgとWordPress.comがあります。


基本Wordpressを利用する方は、Wordpress.orgのサービスが利用するウェブサイトとなります。


WordPress.comには、ソフトウェア利用のためのe-mail登録の必要が生じるかもしれませんが、お金を支払う必要はないはずなのでご注意ください。


WordPressは、特定のテンプレートをWordPressのサイトから購入しない限り、オープンソースなので無料で利用が可能です。


最初は、WordPressから提供されている無料のテンプレートで十分開始できます。今ご覧頂いているこのサイトも無料テンプレートです。

そして、これからブログを始めるかどうか悩んでいる皆さん。ブログ作りはとても良い勉強になりますよ。そして、お店を投資2万円以下で開けると思えば本当に安い投資です。

今日から一緒にブロガー生活はじめましょう。

タイトルとURLをコピーしました
letlog