アメリカ駐在なら作るべき!おすすめのクレジットカード10選【2020年10月】

MONEY
Photo by Christiann Koepke on Unsplash
はりねずみ
はりねずみ

アメリカに住んでるんだけど、クレジットカードのおすすめはどれ?

僕は、特定の航空会社をいつも利用するわけでもない。

ホテルもばらばら。


仕事で良く外国に行くから、外国でも利用がしやすいカードがいいな。

そんな僕にぴったりのクレジットカードはどれ?



クレジットカードって、何枚も持てないし、どれを選んだらいいの?


ずばり、こんな方向けの最適なクレジットカードは、Chase Sapphire Preferred®です。


この記事では、

ポイントの貯まりやすい、汎用性のある旅行でも利用できるクレジットカード10選

をご紹介します。


こんにちは!れとです。2013年から2018年まで5年間アメリカに駐在していました。2019年はヨーロッパで勤務し、2020年再度アメリカに移住しています。

クレジットカードについては、駐在を開始したばかりの方向けに、こちらの記事を作成しています。



まだアメリカに滞在し出して、半年未満の方は、上の記事がご参考頂けるかと思います。他方で、1年程するとクレジットスコアが貯まり、一般的なクレジットカードを選択することができるようになります。



私も当時クレジットスコアが貯まったところで、汎用性があり、外国旅行に利用しやすく、還元率も良いクレジットカードは無いだろうかと調べました。結果、最も良いカードだったのが上述のChase Sapphire Preferred® Cardでした。


>>>Chase Sapphire Preferred® Card の公式サイトはこちら


このカードは、昨年住んでいたヨーロッパでも大活躍アメリカ以外の国で手数料にも悩まされず、利用できない場所も無く、おまけにポイントもがんがん貯まります


この記事では、Chase Sapphire Preferred®をはじめとする、外国でも利用できるカード、

「アメリカの普通の生活ベースでポイントを貯めつつ、外国でもクレジットカードを利用するライフスタイル」


の方向けの汎用性のあるアメリカのクレジットカード10選をご紹介します。


こんな方向けの記事です。

✔ アメリカ在住でクレジットスコアがそれなりに高い

✔ 他の国でもクレジットカードを手数料無く利用したい

✔ 旅行でポイントが貯まりやすいクレジットカードを知りたい


それでは、ご紹介していきますね!

アメリカで作るおすすめのクレジットカード

まずは、栄えあるおすすめ第1位をご紹介します。

こちらが、Chase Sapphire Preferred®。

 

れと 
れと 

以下のポイントを考慮して選んだわ。

重視したポイント

 ブランドは世界中で最も通用するVISA

✔ 外国利用手数料がとられない

 年会費が高額過ぎず、元を十分にとれる

 旅行に関わる支出でポイントが貯まりやすい


やはり、一番のポイントは、外国で利用しても、外国利用手数料がとられないこと。この特徴のおかげで国境を越えてもストレスなく、普段と変わらずに一枚のクレジットカードが利用できます。私は、日本でも用途によりこのカードを利用しています。



一方でChase Sapphire Preferred®のデメリット年会費の95ドルという金額。月にすると8ドル程の支出です。これがやはり結構高い。



95ドルの年会費は、1ドル利用で1ポイントが付くとすると、ひと月800ドルの支払いがあれば絶対還元します。それ以降はポイントがプラスで貯まる一方です。



月の支出が800ドルよりも高額である方は、普段の生活をしているだけで知らぬ間に消化して、どんどんポイントが貯まっていきます。一方で、そんなに支出が見込まれない、と言う方は年会費の無い種類のカードをおすすめします。

私個人的には、このカードに付帯してついて来る保険内容、サポートを考えるとこの年会費は決して高くはないと感じています。



それから、入会特典。このカード、入会して条件をクリアするだけで最初から最大$1,200相当のポイントがもらえてしまいます…!

これって、日本だったらあり得ないキャンペーン内容ですよね。$1,000以上の特典って。なので、正直入って特典をもらってから、その後そのまま続けて利用するかどうか検討してもいいと思います。(こっそり)


\入会で80,000ポイントがもらえる!/

利用用途を見定めて是非ご自身に合ったクレジットカードをご選択ください。

アメリカで作るおすすめのクレジットカード10選

ご紹介するのは、

汎用性のある外国利用手数料がかからないクレジットカード10種類

です。


これらのカードは、ポイントの付き方がそれぞれ異なります。


ちわわ
ちわわ

どのカードが合っているかは、利用する人の生活スタイルによるね。

れと 
れと 

クレジットスコアが溜まって、とりあえずクレジットカードを変更したいなら、年会費が無料のカードもあるからそれから試してみるといいかもね。


年会費無料のカード

Wells Fargo Propel American Express® card

AMEX

 
  • ボーナス特典 20,000マイル($200の価値)
  • 条件     $1,000/3か月
  • 年会費 無し
  • ブランド   AMEX
  • ポイント率
    旅行、食事、ガソリン、配車、ストリーミング     3X
    その他                        1X

 レビュー  ★ 4.9

 素晴らしいカードだ。還元率が良い。3万ポイント程稼いだが、すぐに還元してくれた。年会費が無いのも良い点。満足している。-Charles Sepulveda

 このカードを持つことは疑問だ。特典は良いけど、特典プログラムの内容が良くは無い。食事するにも航空券を選択するにも登録していない所ばかり。多額を払うとカードがロックされてしまう。カスタマーサービスの対応も酷い。ーAnonymous

https://www.nerdwallet.com/reviews/credit-cards/wells-fargo-propel

SavorOne® Rewards from Capital One®

MASTER

 
  • ボーナス特典 $150
  • 条件     $500/3か月
  • 年会費
  • ブランド   MASTER
  • ポイント率
    エンターテイメント/食事     3%
    スーパー             2% 
    その他               1% 

 レビュー  ★ 4.9

 カードが着いてから2分でキャッシュバックを得ることができた。-Anonymous

 このカードは詐欺です。なんでこんな良い評価がついているのかわからない。入会キャンペーンボーナス、払ってくれないですよ。-Anonymous

https://www.nerdwallet.com/reviews/credit-cards/capital-one-savor-one

年会費100ドル以下のカード

Capital One® Venture® Rewards Credit Card

VISA orMASTER

 
  • ボーナス特典 100,000マイル($1,400の価値)
  • 条件     $20,000/12か月
  • 年会費 $95.00 (初年度無料)
  • ブランド   VISA/MASTER
  • ポイント率
    全て      2マイル

 レビュー ★3.9

 条件をクリアしたら、何も問題なくきちんと入会ボーナスがもらえたのはありがたかった。あと、不正利用の連絡をすぐにテキストでくれたのもいい。これから盗難にあったら、すぐに知らせてもらえるってのがよくわかった。-jihyelee9202

 こんな酷い経験をしたのははじめて。カードを作ったばかりなんだけど、問い合わせしたら2時間もたらい回しにされたあげく、問題解決できず。ーvillainartsweb

https://wallethub.com/d/capital-one-venture-378c/

Bank of America® Premium Rewards® Credit Card

VISA

 
  • ボーナス特典 $500
  • 条件     $3,000/90日
  • 年会費      $95
  • ブランド   VISA

    付加サービス(毎年)
           $100分の航空関連クレジット
          (座席アップグレード、荷物預け入れなど)

    付加サービス(4年に一度)
           $100分のTSAプリチェック、グローバルエントリーの費用
  • ポイント率
    旅行/食事  2X 
    その他    1.5X 

 レビュー  ★ 5.0

 Bank Of Americaのプラチナリワードが適用されている人は、更にポイントが付加される。旅行と食事なら3%、それ以外は2.25%。これは大きいよ!-Anonymous

 このカードを作成するには、Bank Of Americaに口座を持つ必要があります。-WalletHub

https://www.nerdwallet.com/reviews/credit-cards/bank-of-america-premium-rewards

Chase Sapphire Preferred® Card 

VISA

 
  • ボーナス特典 60,000ポイント($1,200の価値)
  • 条件     $4,000/3か月
  • 年会費 $ 95.00
  • ブランド   VISA
  • ポイント率
    Lyft      5X
    世界中の旅行/食事  2X
    その他        1X

 レビュー ★ 4.0

 このカードは、旅行によく行くけど、高級なサービスのために高すぎる年会費を払う程じゃない人向けだ。このカードの年会費は、高すぎないし、最初のボーナスで数年間カバーできる。そのうえ、旅行費用でない費用でも結構ポイントが貯まる。ーadam_mccann

 この提携旅行サイトで旅行手配をするのは本当に難しい。金額は高いし、手配したいものが見つからないし。このカードはポイントが早く貯まるのがいいけど、使えないなら意味ない。このカードにするならcapital one ventureにする。ーpuumycat

https://wallethub.com/d/chase-sapphire-preferred-382c/

年会費100ドル以上のカード

American Express® Gold Card

AMEX

 
  • ボーナス特典 35,000ポイント($700の価値)
  • 条件     $4,000/3か月
  • 年会費 $250.00
  • ブランド   AMEX
  • ポイント率
    世界中での食事   4X
    スーパー      4X
    提携航空会社    3X

 レビュー ★ 4.0

 デルタのスカイマイルから乗り換えた。年会費は安くなったけど…。もう少し年会費が下がってもいいと思う。ウェブサイトのレイアウトは好きだ。何かクレジットカードに怪しい動きがあったらすぐにテキストで教えてくれるのもありがたい。カスタマーサービスは早いし、丁寧で、問いに対して詳細に返答してくれる。このカードは家族や友達に紹介できるよ。ーhalex2008

https://wallethub.com/d/american-express-gold-card-220c/

Chase Sapphire Reserve®

VISA

 
  • ボーナス特典 50,000ポイント($1,000ドル相当+$300相当クレジット)
  • 条件     $4,000/3か月
  • 年会費 $550.00
  • ブランド   VISA
  • ポイント率
    旅行関連      3X(月$300達した場合)
    食事       3X
    それ以外     1X

 レビュー ★3.5

 Chase Travel でポイント利用して旅行を手配した。でもキャンセルしなくちゃいけなくて返金を頼んだんだけど、その対応が本当に酷かった。ーlisa6215

 このカードは、空港のラウンジを利用できる$429相当のプライオリティパスもついてくる。もちろん旅行保険や、物品補償も。
年会費が$550と高額だから、よく利用する人じゃないと元をとれないかも。ーJoyce Brown

https://wallethub.com/d/chase-sapphire-reserve-credit-card-1842c/

The Business Platinum Card® from American Express

AMEX

 
  • ボーナス特典 75,000ポイント(1,500ドルの価値)
  • 条件     $15,000/3か月
  • 年会費     $ 595.00
  • ブランド   AMEX
  • ポイント率
    amextravel.com手配の旅行      5X
    1.5倍の特別ポイント加算       1.5X(一か月$5,000以上利用の場合)

 レビュー  ★ 3.8

 会社の用務の支払いに利用してる。サービスは他よりいいし、評判もいい。これ一枚で十分。支払いさえ期日通りにすれば、大丈夫。ーjosephe_76

ビジネスクラスかファーストクラスをポイントで買うと35%のボーナスポイントがが付与される。それから、空港のラウンジも世界中で利用できるようになる。


旅行事故保険、レンタカー保険、荷物保険もついている。年間、$200の荷物手数料と、飛行機内での食べ物と飲み物代もついてくる。TSAプリチェックとGlobal Entry の費用も一部カバーされる。ホテルは、提携ホテルであれば、フリーアップグレードがつく。-Mr Miles

https://wallethub.com/d/american-express-business-platinum-230c/

American Express® Business Gold Card

AMEX

  • ボーナス特典 35,000ポイント($700相当)
  • 条件     $5,000/3か月
  • 年会費      $295.00
  • ブランド   VISA
  • ポイント率
    一番利用しているカテゴリー2つ    4X
    それ以外              1X

 レビュー   ★ 3.7

 初年度無料で入会時にボーナスポイントがもらえたことはありがたかったし、アメリカンエクスプレスのカスタマーサービスも良い。でも、ポイントの使い方によってはポイントの還元率が悪くなることがあるんだよね。あと、年会費が高いよ。ーsivai1

https://wallethub.com/d/chase-sapphire-reserve-credit-card-1842c/

Hilton Honors American Express Aspire Card

AMEX

 
  • ボーナス特典 150,000ポイント($900相当)
  • 条件     $4,000/3か月
  • 年会費      $450.00
  • ブランド   AMEX
  • ポイント率
    ヒルトン関連の特定の支払い    14X
    特定の旅行関連/食事費用     7X
    その他              3X

 レビュー ★3.7

 ヒルトンのホテルによく宿泊するのにこのカードを持たないっていうのはあり得ないね。ーShawn

 リゾートクレジットは限られたところでしか使えないし、航空関連は利用が難しい。このカードを利用するとしたら、観光的に利用するよりも、どう特典を利用できるかを考慮して相当ヒルトンのサービスを利用しないとだね。ーBill 

https://onemileatatime.com/hilton-aspire-card-review/


表で特徴を比較すると、以下の通りです。

クレジットカードボーナス特典条件ボーナスの価値年会費ブランド還元率
Wells Fargo Propel American Express card20,000ポイント$1,000/3か月$200.00AMEX旅行、食事、ガソリン、配車、ストリーミング3X
Capital One Savor Rewards Credit Card$150.00$500/3か月MASTERエンターテインメント、食事3.00%買い物2.00%
Capital One® Venture® Rewards Credit Card100,000マイル$20,000/12か月$1,400.00$95.00VISA/MASTER全て2X
Bank of America Premium Rewards credit card$500.00$3,000/90日$500.00$95.00VISA旅行/食事2Xその他1.5X
Chase Sapphire Preferred® Card60,000ポイント$4,000/3か月$1,200.00$95.00VISALyft5X旅行/食事2Xその他1X
American Express® Gold Card35,000ポイント$4,000/3か月$700.00$250.00AMEX世界中での食事4Xスーパー4X提携航空会社3X
Chase Sapphire Reserve®50,000ポイント$4,000/3か月$1,000.00$550.00VISA$300に達した後旅行関連全て3X食事3Xその他1X
The Business Platinum Card® from American Express75,000ポイント$15,000/3か月$1,500.00$595.00AMEXamextravel.com5X特別P対象支払い1.5X
American Express® Business Gold Card35,000ポイント$5,000/3か月$700.00$295.00VISA一番利用しているカテゴリー2種類4Xその他1X
Hilton Honors American Express Aspire Card150,000ポイント$4,000/3か月$900.00$450.00AMEXヒルトンホテルまたはリゾートの特定の支払い14X特定の旅行関連費用/食事7Xその他3X

クレジットカードを選ぶ前に知るべきこと

Photo by Mark OFlynn on Unsplash

アメリカ在住でクレジットスコアがある程度貯まった方からの

ちわわ
ちわわ

クレジットカード作りたいんだけど、どこがいいの?

という質問。


これって、全員に当てはまる「これ!」という答えが無いんです。


何故なら、その人のライフスタイルによって、合うカードが全然違うから


クレジットカードを作るなら、まず自分が利用している様々なサービスの会社がクレジットカードを発行しているかどうか確認しましょう。航空会社、ホテル、ショッピングモール等は、大抵自社ブランドのクレジットカードを発行しています。

Photo by Heidi Fin on Unsplash

普段の生活で飛行機やホテルの利用が多い方なら、ご利用の飛行機会社やホテルの発行しているクレジットカードを断然おすすめします。


それぞれの会社は、顧客の囲い込みのために自分の会社のサービス利用時には数倍のポイントを還元します。


そのため、自分のよく利用するサービスの会社のクレジットカードを利用すれば、ポイントは貯まりやすく、またそのポイントを更に同じようなサービスに再利用することができます。


ポイント利用の際も大抵割引等がついて、更にお得にポイントが利用できますね。アメリカでは選びきれない程様々なブランドのクレジットカードが発行されています。

よく持っているという人がいる人気カードは以下です。


Hilton Honors(AMEX)
ヒルトンホテルを良く利用するなら、まずは年会費の無いこちらのカード。
2020年現在、カードの種類によりますが、入会で80,000ボーナスポイントがもらえます。


CHASE(Master card) ↗
インターコンチネンタルホテルなどが加盟するIHGのクレジットカード。年会費は$89です。
2020年現在、140,000のポイントが入会ボーナスでもらえます。


United Airlines(Visa)
United 航空の発行するクレジットカード。年会費は$95です。
2020年現在、20,000ポイント~の入会ボーナスマイルキャンペーン実施中です。

※それぞれボーナスの付与には条件がありますので、それぞれの会社の条件をよくお読みください。

こういった特定の会社のサービスを特に利用するという方は、その会社のクレジットカードを選んだほうが断然お得です。

外国旅行が多い人のクレジットカードへの条件の洗い出し

Photo by Adolfo Félix on Unsplash

クレジットカードを選択するにあたっては、カードに必要な条件を洗い出します。


今回は、こんな人のケースをモデルに条件を洗い出しています。

✔ 米国外も日本に限らず色々な国に行くけれど、毎回航空会社が違う。


✔ ホテルも同じ系列の所に固定するのは難しい。


✔ 世界中どこでも利用できるカードが欲しい。


こんなライフスタイルのあなたの条件は以下のようになります。

どこかの会社のサービスに特化していない

何のサービスを利用してもポイント加算に偏りが無く、還元率の高いカードが理想です。

旅行関係支出でポイントがよく貯まる

クレジットカードの中には、車両関係、買い物関係、旅行関係など「何かのカテゴリーに利用した場合」によくポイントが貯まるカードがあります。旅行が多い方は、「旅行」でポイントの貯まるカードを選択しましょう。


世界中場所を問わず同じカテゴリーでポイントがつくカードが理想ですね。

世界中での利用を考えるとカードブランドはVISA一択

カードブランドの種類。VISA, JCB, AMEX, Master card。しかし世界で結構利用できないのがAMEX。


そしてヨーロッパに行くと、VISAとMaster card頼みです。アメリカでもAMEXが利用できないお店は結構あります。


お店に行って会計の時に利用できない!という事は本当に困る(経験有)ので、VISA一択です。

Foreign Transaction Fee(外国利用手数料)がかからない

通常、クレジットカードを作成した国以外の外国で利用すると、3%以上の外国利用手数料というものがかかります。これはばかにならないんですよね。10万円で3000円くらいですが。


折角ポイント貯めてる部分が吹っ飛んでしまいます。そのため、よく旅行する人には、外国利用手数料のかからないカードが理想です。



知っとこ!

<自分のクレジットカードの通貨支払いの話> Dynamic Currency Conversion(DCC)

旅行先でたまに「あなたのクレジットカードの通貨で支払いますか?」って聞かれることがあります。

ですが、これは現地通貨で支払った方がいいです。

この自分のクレジットカードに紐づいている通貨で支払いを行うことのできるサービスは、Dynamic Currency Conversion(DCC)と呼ばれています。

しかし、大抵DCCを利用するとレートが悪くて損します。


年会費は自分の支出に見合うものを

アメリカのクレジットカードは、年会費が$0から$1,000~まで色々。


きつね
きつね

高い年会費を払う意味あるの??

と思われるかもしれませんが、年会費を多く払う分還元率も高くなる場合が多いです。


毎年サービスとして一定のクレジットやポイントがプレゼントで付与されたり、空港のラウンジを利用する権利がついてきたり。大きな金額を動かす人は年会費をすぐ回収でき、むしろポイント特典で利益が生まれる事もあります。


一方で。例えば$500の年会費…。これを回収するのは大変ですよね。ひと月に4,000ドル以上利用しないと元がとれません。


しかし、$95程の年会費であれば、単純計算で年間$9,500、ひと月あたりなら800ドル程。($1利用で1ポイントがつくと仮定した場合)ポイントが2倍つくものを利用すれば、半分の額で消化できます。


付帯する保険や、その他のサービスなどを見比べ、自分の生活スタイルにあった無理のないカードを選択しましょう。

旅行が多い人の条件を叶える2枚

Photo by Blake Wisz on Unsplash

条件を見返すと、以下となりました。

条件

✔ 特定のサービスに縛られず、ポイント還元率がいい
✔ 海外での利用に特化している
✔ Visa
✔ 外国利用手数料がかからない
✔ 年会費は、100ドルまで


これらの条件に合致するカードを上記10枚から搾ると…。この2枚になります。


Chase Sapphire Preferred®




Capital One® Venture® Rewards Credit Card



もう少し詳細を比較してみましょう。

 画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a.png
 Chase Sapphire Preferred®Capital One® Venture® Rewards Credit Card
換算率1ポイント=1.25 セント~2セント1マイル= 1セント~1.4セント
(ギフトカード、現金にした場合、価値は半減)

入会キャンペーンでもらえるポイント/マイル

60,000ポイント100,000マイル
条件3か月以内に$4,000利用で80,000ポイント。a 12か月以内に$20,000利用で100,000マイル。
b 3か月以内に$3,000利用で50,000マイル。
a,bのいずれか。
特別還元率旅行関係(航空券、ホテル、タクシー、電車) 2ポイント

リフト(Uberのような会社)
5ポイント

Capital One Travelを利用して申し込んだ場合:
ホテル/レンタカーのみ
5ポイント
レストラン2ポイント2マイル
その他のポイント$1につき、1ポイント2マイル
外国利用手数料無し無し
その他の特典レンタカー車両保険(プライマリー)
レンタカー車両保険(セカンダリー)※
 旅行キャンセル保険購入品補償サービス
 荷物遅延保険旅行事故保険
 旅行遅延により発生する費用負担路上アシスタンス
 旅行緊急支援サービス24時間旅行支援サービス
 購入品補償サービスGlobal Entry とTSA プリチェックを利用する際の利用料金を4年ごとに100ドルまでカバー
 荷物紛失保険 


※車両保険プライマリーとセカンダリーとは:レンタカー会社の車両保険会社を利用することなく、カード会社の保険のみで保険の支払いをしてくれるのがプライマリー、レンタカー会社の車両保険会社を利用した上で、その補償されない部分を補償してくれるのがセカンダリーです。


この表をご覧頂くと、この2枚は良く旅行をする向けで、ほとんど違いが無い事がわかると思います。


しかし、よーく見ると、以下2点が異なります。

異なる点

✔ 入会キャンペーンで付与されるポイントとマイル数が異なる。
Chaseでは最大$1,200(3か月後)の価値。Capital Oneでは$1,400(12か月後)。

✔ 外国に旅行をする場合の荷物遅延や旅行遅延により発生する費用負担がついているのはChase。


結局のところ、そんなに違いは無いのですが…。



たった3か月後にキャンペーンボーナスがもらえることと、私の場合は、旅行中に遅延による損害を何度か被ったことがあり、その際の事を考えると、軍配はChase Sapphire Preferred®に上がりました



ほんっとに困るんですよ、荷物届かないと。一度は出張で化粧品のスーツケースが届かなくて、薬局で買う羽目になったことがありました。


あの時このカードがあれば!と本当に思いました。


Chase Sapphire Preferred®



入会キャンペーンをお得に利用してクレジットカードを作ろう

ご紹介したいずれのクレジットカードともに入会キャンペーンでもらえる額が大きいですよね。そう、アメリカのクレジットカードは初回入会キャンペーンの規模が魅力的です。

入会キャンペーンを利用しない手はない

これ、アメリカに一時的に滞在と言う方は利用しない手は無いと思います。(こういう事を言ったら行けない気もしますが、これらのキャンペーンを利用し尽くせば、相当儲かちゃう気がします…。)


ちわわ
ちわわ

【!】クレジットカードは、一定の期間に作成できる枚数に限りがあります。気を付けてね。


一方で、Chase Sapphire Preferred®キャンペーンをクリアするための、3か月以内に$4,000。そんなの利用できるの?と思われるかもしれません。


まぁ、普通にアメリカで暮らしていると決して難しくはないですね。$1,300/月なんて、物価の高いアメリカでは、生活費として余裕で出て行きます…。


すると、3か月間普通の生活をしているだけでボーナスをくれるクレジットカード。これは利用しないともったいないです


実際のところ、私は Chase Sapphire Preferred®カードを作成して3か月後にこのポイント特典を入手できました。

そして、クレジットカードの口座にポイントを還元。東海岸で500ドル相当の往復航空券を2回、合計1,000ドル分ほぼタダで購入して旅行しました。(*´艸`*) ポイントが入った時は、「え?ほんとなの、これ?」って思った程です。おかげで、当時遠距離恋愛をしていた今の夫に2回タダで会いに行くことができて大助かりでした。


 Chase Sapphire Preferred®は、UnitedやAmerican Airlineをはじめとする航空会社や、IHGやMariott Bonvoyなどのホテルチェーンとも提携しています。Chaseの特典利用でこれらの会社のサービスをお得に予約することもできます。



注意点

【Chase 系列のカードを作成するにあたっての注意点】

Chase 5/24 ルール

過去24か月以内に5枚以上クレジットカードを新規に作成した方はChase系列のカードを作成することはできません


クレジットカードを作ろう

Photo by Thomas Kelley on Unsplash

クレジットカードの申請自体は簡単です。それぞれのウェブサイトの”Apply Now”で、個人情報を入れていきます。


れと 
れと 

SSNが必要よ。

入力画面はいずれも数ページのみ。申請すると、確約メールが届きます。あとは、カードが発行されるのを待つのみです。


アメリカのクレジットカードの作成にあたっては、審査を通過する必要があります。その点について説明しておきます。


アメリカでは、クレジットカードは個人の信頼度を計る指標を作るためのツールです。このクレジットカードの履歴により計られる信頼度はFICO(ファイコ)スコアと呼ばれます。


FICOスコアは、クレジットカードのアプリ画面で確認することができます。このスコアが700辺り以上であれば、一般に信頼に足ると考えられるようです。


スコアは、支払いを遅延しない、計画的な支払いをするなど、信頼のおける生活をしていれば自然に上がっていきます


一方で、このFICOスコアが高まってもある程度のクレジットカード利用歴が貯まらないと発行できないクレジットカードもあります。最初は利用歴が信頼に足ると考えられるまで約8か月程かかるようです。利用歴が溜まって来ると、自分の住所に色々なクレジットカードの案内が届くようになりますよ。

【アメリカ駐在】おすすめクレジットカード|まとめ

このクレジットカードを探していた時、私はANA USAを利用していました。

その時はANAが就航する空港の近くに住んでいたし、ANAマイルも順調に貯まっていて、年に一度は日本にマイルで帰る事ができていたんです。しかし、当時日本に帰国する機会がめっきり減り、ANAカードを利用する意味があまり無くなってしまいました。


ANAのカードではポイント還元率が1%で、年会費が$70。何を購入しても1ドルの利用で1マイルが貯まります。1マイルの価値は3円~5円程。還元率があまり良くないんですよね。

アメリカのクレジットカードは、特化カテゴリー、年会費とカードの種類によりますが、ポイント還元率が2%以上もらえるカードは多いです。


おまけにANA便を利用する機会が無いとすると、特典航空券を安く手に入れられても意味が無い。他の商品に変えても率が良くないし、現金化できない。

アメリカ以外の外国でも利用できないし、マイルを消化できず、これじゃこのカードを利用し続けると逆に損してしまう、という状態になりました。


陸マイラーが普通の生活で貯めるカードポイントは、1%の違いでも年間単位にするとポイントの加算に相当差が出ます。この時、米国に滞在し始めてから既に1年以上が経過していたため、クレジットスコアは十分にあり、ANAを解約して他のカードに変える事にしました。


そして、色々と探し回った結果辿り着いたカードがChase Sapphire Preferred®です。


作成後、旅行が多かったためポイント還元率がANAを利用していた頃より大きく、キャッシュバックが頻繁にできるようになりました。


特に利用していて驚いたのが、地下鉄の切符を購入しただけでも旅行代金としてカウントされていた事。きちんと2倍のポイントが加算されていました

外国で利用した場合でも同様に旅行やレストランでの支出には倍のポイントが加算されていましたよ。日本を含め、どこの国で利用しても外国利用手数料もかからず、 Chase Sapphire Preferred®カードさまさまです。

むしろ、アメリカ国内外でこの一枚で済んでしまうことに感謝です。



参考

こちらもどうぞ↓。

タイトルとURLをコピーしました
letlog