【駐在】海外で携帯電話を使うための準備って何?(特にLINEを継続利用する場合)

LIVE AS AN EXPAT
Photo by Oleg Magni from Pexels
ちわわ
ちわわ

駐在することになった!

携帯電話って何をどう設定していったらいいの??


この記事は、もうすぐ海外に引越しを予定していて、携帯電話をどうすれば良いかわからない!という方向けの記事です。


こんにちは、れとです。この10年間、ヨーロッパ、アメリカなどの3か国で駐在生活を送っています。日本と行ったり来たりな生活を送っています。


この記事では、一年前に私がアメリカ出発時に準備した携帯電話の準備内容をご紹介します。私用携帯電話ライトユーザーの方向けの設定になります。

日本を出る前に設定が必要なので、日本を出る前にお読みください

この記事でわかること

✔ 端末はSIMフリーの携帯電話を一台購入するのがおすすめ。

✔ 前の端末から新しい端末にWIFI環境で情報を移動しておく。

✔ あらゆる設定は、WIFI環境のある場所で出国前に行っておけば、現地でそのまま利用可。

✔ LINEを利用したいなら、日本で引継ぎ設定をしておくべし。

✔ SIMカードは現地で購入。


それでは、ご紹介していきますね。

海外で携帯電話を使うにはどうしたらいいの? 

海外に行くなら、SIMフリーの携帯電話にするのがおすすめです。

ちわわ
ちわわ

SIMフリーってなに??

れと 
れと 

SIMフリーっていうのは、中の「SIMカード」を入れ替えできる携帯電話よ。

SIMカードとは 💳

携帯電話の中に入っている小さなICチップです。電話会社やインターネット会社の回線を利用するに当たり、加入者の情報特定するためのID番号が記録されています。


SIMフリーの携帯電話は、このSIMカードを取り外すことが可能です。
SIMカードを入れ替えるだけで、携帯電話自体を買い換えることなく、違う電話会社の回線を利用できます。


ひと昔前までは、主要な携帯電話会社の縛りがある「SIMロック」と呼ばれるSIMカードが固定された携帯電話が主流でした。しかし、日本でも最近格安SIMカード(MVNOネットワーク)が利用できるようになり、安い回線を利用する人も増えてきましたね。



海外に出る際は、この中のSIMカードを「海外の電話会社のSIMカード」に差し替えるだけで、携帯電話をそのまま利用することが可能になります。

れと
れと

SIMがロックされた状態で主要キャリアから販売された携帯電話は、ロックを解除することは原則できないようになっているわよ。

海外で携帯電話 SIMフリー携帯電話の購入がおすすめ

海外にしばらく滞在予定なのであれば、SIMフリーの携帯電話を購入することをおすすめします。SIMフリーであれば、携帯電話は今まで利用しているそのままの状態で、SIMカードを現地のSIMカードに入れ替えるだけでそのまま利用できるためです。


SIMフリー携帯電話は、海外でも日本でもどちらでも購入可能です。今は、世界中で言語の切り替えが可能な携帯電話が販売されていますので、どの国で購入しても日本語の設定に問題はありません。



Amazonでは、整備済みの中古SIMフリー携帯電話を探すことができます。

>>> Amazon整備済みiPhoneが13,860円から! OCNモバイルONEとセットでお買い得



i-Phoneの購入を検討している場合


【アップルの携帯電話を購入することを検討している場合】

日本のi-phoneと海外のi-Phoneは、一緒ではありません。仕様が異なりますので注意してください。



ここでは、どんな点が異なるかご紹介します。

 サイレントモード

日本で購入した場合、「サイレントモード」にしていても写真撮影の際シャッター音が鳴る機能が付いています。これって、音が出ては困る美術館などで撮影する時ちょっと困る…。音が出てしまうのを避けたい場合は、他の国で購入するのをおすすめします。



 アップルペイ

 海外のi-Phoneを日本で利用する場合

i-Phone7以前は、海外購入のアップル携帯電話では、日本でアップルペイが利用できないという問題がありました。

iPhone8以降であれば、海外のi-Phoneを日本で利用した場合でも、日本国内のアップルペイを利用することは可能だそうです。

ただし、suicaを入手し、suica情報を携帯電話に登録して支払いになるとのこと。(そんな面倒なことしなくてはならないなら利用しませんよね…。)



✔ 日本のi-Phoneを海外で利用する場合

逆に、日本で購入したi-phoneでも海外でアップルペイは可能です。ただし、マスターカード、アメックス、JCBカード、ダイナースクラブのクレジットカードのみとのこと。(正直なところ…。私はVISAが利用できないなら、利用できないに等しいと思います。)



それぞれの現地のサービスに合わせて利用できる機能が海外で制限される可能性があるため、基本的には長期滞在が長く予定されている地域で携帯電話を購入することを強くおすすめします


Photo by Quino Al on Unsplash

携帯電話を購入したら、ネットワークが確実なWIFIのある環境で、古い方の携帯電話から全ての情報をすぐ移行しましょう。この情報の移行は、日本でも海外でもどちらでも行うことが可能です。

LINEを利用予定なら、出国前にFACEBOOKでアカウントを引き継ぐ

数年前、日本から出発時に引継ぎ設定をしなかったばかりに、LINEに付随するデータを全て無くしたのは、この私です。

今の時代、LINEはお財布機能すら持っていますから、所持していた金額やポイントなど無くなってしまうとやはり残念ですよね…。LINEは出国前に、古い方の携帯電話上で必ず、FACEBOOK連携設定引継ぎ設定をしておきましょう。

ちわわ
ちわわ

なんで出国前なの?着いてからできないの?

なぜ出国前かというと、Facebookに連携設定を行う際にLINEから認証コードが携帯電話番号に付随するSMSに送られてくるためです。

携帯電話を解約してしまうと、LINEの引継ぎは困難になりますので、解約前、そして出国前に行ってください。LINEのFacebookへの引継ぎ設定のやり方は、詳しく説明されているサイトがたくさんあります。

2020年6月現在、こちらのapllioさんのサイトが詳しいです。ただ、LINEの引継ぎ設定方法は随時更新されているので、設定方法が異なる可能性もあります。


Facebook上での引継ぎ設定さえできれば、ほっと一息です。



続いては、facebookから新しい携帯電話にLINEの引継ぎ設定を行います。その際は、WIFIが必要です。WIFI環境さえあれば、SIMカードの有無は特に関係ありません。


新しい携帯電話にLINEをインストールして「FACEBOOKでログイン」します。この時、早とちりして新しい国の番号を入れないように十分注意してください。電話番号の登録はせずともLINEは利用できます

電話番号の設定はしないでください。

一度最初にアメリカの電話番号を設定してしまうと、LINE USAの設定になり、日本のLINEサービスが利用できなくなります

そうなってしまうと、例えば日本限定の一部のスタンプの購入やお財布等の機能は日本独自のサービスになりますので、LINE USAでは利用できなくなります。


新しい携帯電話にLINEの情報を引き継いだ後にLINEを開くと、一時的に自動でその国のLINE設定になります。


ちわわ
ちわわ

あっ、いつもと画面とキャラが違う!と思ってびっくりしたっ!


これは、LINEが、各アカウント保持者がどこの国のネットワークを利用しているかを自動的に判別し、アカウント保持者が利用できるサービスを分けているためです。FACEBOOKで提携していた以前のアカウントで接続できた後、スタンプを確認すると、日本で見ることができていたスタンプが見れなくなっています。


これは、VPN接続をすれば、解消できます。VPN接続をすれば、全て日本で利用していた頃の機能に戻すことができます。VPNは一番下の項で説明します。

因みに、2020年11月現在、LINEのサービスの中で「オープンチャット」は、アメリカで利用することはできません。VPNを利用しても利用は不可です。

地域によって制限が設けられているようです。


SIMカードを購入する

Photo by Brett Jordan on Unsplash

続いて、分かる範囲で現地でのSIMカードの購入について説明します。ヨーロッパやアジアの国々であれば、道端のキオスク等でSIMカードが売っているケースが多く、SIMカードを購入するのは簡単です。


最初は必要だと思う分の金額が入った通話料とデータのパック(大抵3,000円分くらい)を購入します。必要であれば、その後追加で更に必要な電話料金とデータを購入するのが一般的です。追加は、これも色々な場所にあるキオスクや郵便局等でできるケースが多いです。電話番号を伝えて、「電話料金やデータを追加したい」と伝えるだけです。


キオスク以外の「電話会社」で購入するプランだとネットワークは安定してますし、月額払いなので電話が切れるということはありません。一方で住所の確定や、住所の登録等、色々と購入までにステップが必要な場合もありますので、キオスクで購入できる旅行者用のSIMで最初は十分です。

Photo by albert renn on Unsplash

アメリカであれば、都市部であればMINT MOBILE(ミントモバイル)一押しです。私はボストン近郊にいて、半年前からミントモバイルを利用しはじめたのですが、ネットワークで困ったことはありません。

物価の高いアメリカなのに、月たったの$15なので、本当に助かっています。ミントモバイルについては、こちらの記事をご参照下さい。

VPN接続する

LINEやその他の「日本国内でしか利用できないサービス」を利用するためには、「VPN接続」をします。例えば、LINEのスタンプ等を利用する時ですね。

VPN接続をすると、他の国のネットワークに切り替えを行うことができます。例えば、アメリカにいながら、日本のネットワークを利用できる状態になります。私は、VPN接続には、Tunnel Bear を利用しています。

Tunnel Bear

このTunnel Bear、利用の仕方が超がつくほど簡単なんです。

VPN接続したい地域を、可愛い絵の選択肢(熊が入ってる土管)から選ぶだけ。

それだけ日本への接続完了です。

毎月500MBのデータ利用までは無料です。

それ以上利用するには費用を払う必要があります。

【!】一度接続してそのままにしているとすぐデータを使い果たしてしまうので、利用が終わったらすぐにVPN接続を切るのをお忘れなく。

日本の土管にVPN接続したら、LINEを開き、新着スタンプを確認してみてください。

日本限定の無料スタンプが表示されているはずです。

この状態になれば、日本と同じようにLINEを利用することができます。

VPN接続は、日本のスタンプなどをダウンロードする際は必要ですが、ただメッセージのやり取りであれば特に必要ありませんので、切っておきましょう。

携帯電話を購入するほど長期滞在じゃない場合

そんなに長くは無い長期滞在だったり、日本の携帯電話を購入したばかりであれば、自分の携帯電話を持って行って、WIFIを利用するというのもありですね。

そうすれば、何の引継ぎ設定も不要ですし、勝手の分からない海外でWIFIがあれば安心です。

旅行会社大手のHISでは、低価格でWIFIをレンタルしています。

>>>海外WiFiレンタルのFAST-Fi

海外で携帯電話を使うにはどうしたらいいの? まとめ

SIMフリーの携帯電話が一台あれば、どこの国に行ってもすぐにキオスクなどでSIMカードを買い換えられるので安心です。


SIMが固定された携帯電話を電話会社で購入するとなると、手続きも時間がかかりますしね。

日本でLINEを利用していて、その機能・データを全て引継ぎたいのなら、Facebookによる連携を必ず行いましょう。

Facebookによる連携をきちんと行えば、新しい携帯電話にもしっかりとデータを引き継ぐことができます。

そして、海外にいてもVPN接続をすれば、日本にいた時のようにLINEの全ての機能を利用することができます。

渡航してしまってから、「やってしまった!」と私の二の舞にならないように、出国前にきちんとご準備くださいね。

タイトルとURLをコピーしました
letlog