あなたは大丈夫?海外かぶれの特徴、嫌われる理由、行動の背景を徹底検証。

LIFEHACK
Photo by Monika Kozub on Unsplash
ねこ
ねこ

Oops! Oh Gosh!

びっくりするじゃない!


こいぬ
こいぬ

なんで英語なん?ここ日本だぞ。うざいんだけど。

海外かぶれは、イタイですね。ネット上ではとても嫌われています。なぜなのでしょうか。


この記事では、海外かぶれを徹底検証します。




こんにちは、れとです。


過去、それはそれは立派なアメリカかぶれでした。今振り返ると、自分自身の発言や振る舞いを思い出すだけで頭を地中深くに埋めたくなるほど恥ずかしいです。今も日本滞在時には、かぶれに思われる言動や行動をしていないかと自分を客観視して注意する日々です。



しかし、一方でこうも思います。「何かにかぶれる人々」の症状は、素直に学ぶことに一生懸命であり、学ぶ対象の全てを吸収しようとする行動への一時的な反応でもあるとも。好きな何かに特別な情熱を持って没頭して学ぶ過程では、何の分野であれ対象に強い憧れ敬愛心を持つため、周囲にその憧れを押し付け、周りによく注意を払っていないと「かぶれ」を発症するのだと思います。



そんなわけで自分にとっては過去を振り返る耳の痛い話なんですが、改めて海外かぶれを検証します。この記事を読むと、こんなことが分かります。

  • 海外かぶれとは
  • 海外かぶれの人々の行動の理由
  • 海外かぶれに出会ったら、どうあしらうべきか。


それでは、ご紹介していきます。

海外かぶれとは


西洋かぶれ(せいようかぶれ)とは、自身の所属する文化より西洋文化を良しとして、振る舞いや服装などを西洋文化のそれに似せること、あるいはそのように振る舞う人物を指す蔑称。類義語に外国かぶれ(英語版)がある。より範囲を限定したアメリカかぶれなどの語も存在する。

ウィキペディア



海外と西洋は同義ではないんですが、一般的に「海外かぶれ」が意図する「海外」が「西洋」として、まさにこれですね。西洋の人になりたいと思って、なれないのにも関わらず恰好、振る舞いだけ真似している状態です。

そもそも、「海外」ってどこなんでしょう。




アメリカも、ロシアも、東ティモールも、スワジランドも、タジキスタンも、スリナムも、ベンガルも、カタールも、アルメニアも、ブータン王国も、レユニオンも、北朝鮮も、みんな「海外」です。



しかし、中国に行って中国かぶれになったところで、「ポカホンタス」のような名称を与えられる程嫌われることも無いので、やはり日本では一般的には海外=欧米諸国のことを指しているのだと考えられます。

海外かぶれの特徴

Tú AnhによるPixabayからの画像

海外かぶれの特徴を改めて並べてみます。

何でも日本と他の国を比べ、日本を下げる

よく聞くのは、

「海外では…アメリカでは…ヨーロッパでは…」


「日本て…だよね」


「海外では…だよー。」

ですね。

典型的です。どうにかして日本を下げようとします。

会話に英単語が混じる

ルー大柴さんのような方ですね。でもかなりわざとっぽい人もいます。


カタカナ英語がかなり混じる方も多いですが、これが一番厄介ですね。和製英語の多いカタカナ英語は、外国で全く通じません。

その使えないカタカナ英語を日本語に混ぜて使うというのは、本当に恥ずかしいです。

あ、これ日本語でなんて言うんだっけ?忘れちゃった。

何年どこにいても母国語は忘れません。

数か月海外にいたくらいで、日本語があやふやになるのは問題です。

酔うと英語で話し出す

超絶うざいですね。

酔うと一生懸命拙い英語で話そうとするんですよね。自分がそうでした。本当に恥ずかしい…。

たまに混じるカタカナの発音が英語発音

もっとうざいですね。英語脳と日本語脳の使い分けができないケースです。わざともいますね。

自分のいた場所で健康志向とされる筋トレやベジタリアンに一時的になる

これも良くいますね。長続きしないんですが。

ファッションが、滞在していた地域寄りになる。

これは、影響を受けやすい時期にそういう地域にいて、着るものが完全に現地化してしまった場合にはよく起こります。本人は何も気づいていないケースは結構あります。


ワンレンでフープイヤリングや、露出の多い服、室内でもサングラスなどがよく言われますね。

私もひと昔前に日本の田舎町でレギンスを履いて出歩き、父親から顰蹙ひんしゅくをかいました。

海外かぶれは、何故嫌われるのか

Photo by Andre Hunter on Unsplash

先ほどのウィキの説明にもあるとおり、この問題の根底には、西洋文化を自国の文化よりも良しとする崇拝文化があります。文明開化の頃から、「西洋文化」や「西洋人は日本よりも優れている」というイメージが日本人の頭に刷り込まれている問題です。

優れているわけではなく、「違う文化」として認識されることが大事なのですが、西洋文化の方が良いという概念が残念ながら定着しています。




そのため、日本の多くの人が「海外は日本よりよく、憧れの対象となる」というイメージを無意識に持っています。そのため、海外かぶれは、「憧れられる海外っぽさ」を自分に投影して自分も憧れの対象になろうと錯覚し、結果「かぶれ」になります。




海外かぶれの症状を示す人は、大抵短期間留学をしたなど、どこかの欧米諸国に軽く染まった人で、その土地との繋がりを強く持っていない人です。海外かぶれの症状は、以下の理由で発症します。


  •  若さゆえの外国と自分が関わりがあるという自慢

  •  周りの人間より知識・経験があるという自己顕示欲

  •  自分がすごいということを認められたい承認欲求

  •  外国の地域との繋がりが薄いが故の繋がりの強調

  •  外国との繋がりを強調することで、自分がまだ繋がっていると自分を無理やり説得

  •  憧れのイメージを持たれている西洋を自分に被せる事で、相手に羨ましがられたり、すごいと思われたい。




長年外国に住んでいる、家族が外国にいるなどの場合、「外国」が自分に関わりがあることをことさら強調する必要はありません。「外国」は嫌でも自分の生活の一部だからです。

一方で、外国との繋がりが薄い人は、薄いが故に自分が外国に関わった事実を周りに強調したがります。



海外かぶれの人間と対面し、その症状に触れた人は、

「自分がずっといる日本と、どこだか自分が見たことも無い国の比較をされたところで本当かどうか分からない話」

など、たかが数か月どこかの国に行っていた人に大げさに語られても、「うさんくさく」しか感じません。




結果、「毎回『海外海外』って持ち出して来て、こいつうざいな」となります。


また、海外のイメージに憧れを抱きつつも、行くことが叶っていない人間からすると、海外かぶれは「海外に行ったことをひけらかす自慢の塊」に映ります。

嫉妬の対象となった海外かぶれは、目撃される度に嫉妬の対象となるため、嫌われることに繋がると考えられます。


海外かぶれに関わらず、「海外に元からいた」帰国子女なども妬みの対象になることがありますね。

海外かぶれは、知識が浅い時に発症する

Photo by Arpit Rastogi from Pexels

海外かぶれは、「海外滞在経験が短い人及び日本国外についての知識が浅い人、外国との繋がりが薄い人」が発症します。

なぜなら、海外滞在経験が長くなると、以下の意識が強くなるためです。

  •  世界を知る事で日本の位置づけが見え、日本文化と伝統を再認識し、日本の「機能的社会」、「国際社会からの評価」を大局的、客観的に見ることができるようになり、日本への敬愛の精神が少なからず生まれる。

  • 海外のコミュニティの中にいて日本を下げる言動をすると、自分のイメージを下げてしまうことになるので、日本下げをしなくなる。

  •  自分が外国に出ることが多い環境に長くいると、周りの人間が自分よりもより多くの世界の知識を有する可能性があるため、安易に日本と他国を比較しなくなる。

  •  海外は広く、世界を知るにつれ「海外」という言葉では括ることができないことが分かるようになる。

  •  海外生活が長くなると、母国語を大切に扱うようになり、正しく美しく話すことを心がけるようになる。

  •  外国言語を習得し、使い分けに慣れると日本語と混ざることは無くなる。



そのため、海外かぶれな発言や行動をするほど、「井の中の蛙で国外との関係が希薄」であることを自ら知らずして主張していることになります。


一方で、外国滞在歴が長くなると、逆に住んでいる地域への不満が溜まり、「日本はこうなのに、この国はこの部分がこう機能していない」と不満を言う傾向はとても高くなります。



また、日本の働き方や女性の扱われ方などのトピックについては、外国に長く住むと更に問題が深刻に見えてくるので、かぶれを卒業しても外国と日本を比較する際のトピックとしてよく扱われます。

海外かぶれはうざいけどポテンシャルがある

Photo by Markus Spiske on Unsplash

海外かぶれはうざいですが、ポテンシャルがある人達です。

なぜなら、

  •  学ぶ意欲が強く、内容を素直に飲み込み吸収する。

  •  他人の視点は気にせず、現地の生活に染まり切るために、全てをコピーして自分に適用することをためらわない。

  •  自己顕示欲が強いため、他の人に「できる自分」を示すために、努力をし続ける要素と情熱を秘めている。

からです。


ただ、海外かぶれであることを自覚しているならば、周りに嫌だと思われる行動は自粛することをおすすめします。

それから、もう一つ海外かぶれの人の特徴として、海外生活を忙しく送っている自分像に酔っているがために、自分の周りにいる人間の気持ちを考えられない傾向にある人が多いです。ただ単に本当に忙しいだけかもしれませんが、海外かぶれの症状が出ている人は、人間関係がおざなり、希薄になる傾向は否めません。

海外かぶれのあしらい方

海外かぶれはうざいし、本人にも黒歴史になることを知らせてあげたいところですが、直接的に言いすぎると、傷つけてしまいます。

そっとこの記事を送ってあげるのも良いですが、会話の端々に突っ込んであげるのも良いと思います。

会話の詳細を聞く

例えば、「海外では…」と来たら、「海外ってどこ?」と聞きましょう。
「アメリカでは…」だったら、「アメリカのどこの地域の人達?」です。

その先も、「それは何の?」など、詳細をにこやかに聞いていきましょう。
それだけで、既に精神的に圧力がかかります。

なぜなら、海外かぶれは、浅い知識しか持っていないので、深くつっこまれると答えることができないためです。

かわす

やたらと日本の全てをおとしめてくる人には、「日本程に伝統技術などがしっかり発達して認識されている国も珍しいよね。」「世界中で、料理が日本よりおいしく食べられる国ってどこかな?」とすらりとかわします。

変な英語を会話に挟んでくる人

「ごめんなさい、意味がわからなかったので、もう一度違う言葉を使って話してみてください。」と聞いてみましょう。

海外かぶれ まとめ

まとめます。

海外かぶれの特徴

✔ なんでも日本と「海外」を比べ、日本を下げる

✔ 会話に英単語が混じる。カタカナ英語が混じる場合も多い。

✔ 酔うと英語で話し出す

✔ 日本語を忘れたふりをする

✔ たまに混じる言葉の発音が英語

✔ 自分のいた場所で健康志向とされていた筋トレにはまっていたり、ベジタリアンになっていたりする

✔ ファッションが滞在していた地域寄りになる



海外かぶれの行動分析 ✔
  • 海外かぶれは、「日本で憧れを持たれている西洋」に関わった自分がすごいと思われたいがために、「西洋に染まった」アピールをしてしまう。

  • 海外かぶれは、日本国外の知識が浅い時に発症する。

  • 海外かぶれは、うざいけれど将来のポテンシャルがある

  • 海外かぶれは、会話で詳細を聞くと答えに詰まる傾向がある。


海外かぶれの自覚を持っている方は、長年海外かぶれとして生きていた私からのアドバイスとして、「やり方によっては後で黒歴史になりますよ」、とだけ言っておきたいと思います。



それでも海外かぶれで生きるならば、ルーの道を極めて頂きたいです。


海外かぶれに接触し疲れている方は、その海外かぶれが気づいていないだけかもしれないので、その人の目に触れる所にこの記事をそっと置いておいてあげてください。


きっと、その後変化が見えると思います。







タイトルとURLをコピーしました
letlog