【海外駐在員の恋愛】独身女性が知っておくべき駐在中失敗パターン5つ

駐在と恋愛INTERNATIONAL LOVE
ねこ
ねこ

海外駐在員になると、結婚しにくいって聞いたんだけど…。実際のところどうなの?


海外駐在。イメージはキラキラしてますね。


そう、実際、海外駐在生活は結構キラキラしてます♪私の場合は、楽しくて仕方が無かったのが本音。海外で働くと、未知の文化を理解しつついかに物事を進めるかという挑戦の多い環境になるので、やりがいは確実にあります。


そんなイメージに隠れて見えないのが、将来の計画のしにくさ


実は、海外駐在をすると、恋愛はできるものの、結婚へのハードルが圧倒的にあがります。


実際、日本人で同じように海外に行く職業についている女性の未婚率はとても高いです。本人達も、海外を移動しながら働くという選択肢をとった時には、この問題が発生するなんて思いもよらなかったはず。


駐在をする人は、特に結婚の適齢期に駐在の可能性がやってくるので、海外に出てはじめて「あれ?恋愛しにくいぞ?」という問題に直面し、海外駐在と恋愛を全て一緒に実行することが難しいことに気づくんですね。


そして、駐在が長引けば、帰国の途につくころには、適齢期過ぎてた?ということにもなりかねません。


こんにちは、れとです。過去に、東ヨーロッパ、バルカン、アメリカで計10年程駐在をしています。私自身も、自分の生き方の選択をした時、結婚がこんなに難しくなるなんて全く思っていませんでした。普通に生きているうちに誰か理想の人が現れて、自然と結婚するだろうと簡単に考えていました


けれど、最終的には焦って婚活しまくる日々。恋愛のしにくい、結婚に至りづらい環境で、7年かけて結婚に辿り着きました。


一方で、海外に出て働いてみたいという希望を持ちながらも、結婚、出産をきちんと思うままのタイミングでしたいと望む女性は多いはず。


この記事は、これからきらきら駐在人生を歩む女性の皆さんに、将来の準備をして頂くための記事です。私達の世代の轍を踏んで頂かないように…。


この記事では、以下をご紹介します。

  1. 私の周りの事例等を参考に、海外駐在をした時の恋愛のうまくいかないあるあるな状況のパターンを5つご紹介

  2. 駐在員が恋愛する具体的な方法

それでは紹介していきますね!

【海外駐在員の恋愛】独身女性が知っておくべき駐在中失敗パターン5つ

具体的にどんなことが普通の「恋愛」と「結婚」への障害になるのでしょうか。障害が起こる理由と、発生する問題を説明しながらご紹介します。

日本にいる日本人と遠距離恋愛。外国は実際遠いし、時差が邪魔をする。

日本にいる彼氏との遠距離恋愛。よくあるパターンです。


いつまで遠距離恋愛を続けるか、というゴールが見えていれば、遠距離でも結婚まで辿り着くことは難しくはありません。


1、2年であれば先が見えているのでそこまでは難しくはないですね。しかし、いつまで続くのか、というゴールが見えないと、うまく行く確立は自ずと下がります


時差も問題です。話せる時間をお互いのスケジュールに合わせ確保できればいいのですが、仕事をしていると、話すことのできる時間が極端に限られます。今はSNS等で簡単に連絡もできますが、メッセージへの返信は基本的に翌日だと思って待つ必要があります。



このパターンの場合、お互いに相当心が決まっていない限り、普通は途中で、どちらかが「会えないのに付き合っていることの意味」を考え出して挫折します。


しかし…。それでもうまくいくケースもあるんです。


日本で仕事をしている彼と遠距離恋愛をして、10年のヨーロッパ及び中南米駐在を終え、結婚したツワモノが私の周りにはいます。


このパターンは余程特殊ですが、「距離が離れていても心はいつも一緒」を達成した素晴らしいケースですね。

現地にいる人に「すぐいなくなる女性だから」という理解で遊び半分で付き合われ、時間を無駄にする。

人の時間をないがしろにする失礼な男性は、日本人外国人問わずどこにでもいます。


こういう男性は、女性側がいくら「真剣な付き合い」を探していようと、「どうせいなくなるから、あと腐れない」と考えて、一緒にいられる時間だけを利用してきます。


こういう人達は、責任を取らずに済むと思っている人間です。女性が引越しすることになると「遠距離は無理だね。」と去っていきます。


どの国の男性にも「私たちってどういう関係なの?」と思わせられる瞬間はよくあると思います。


女性側が移動族の場合、「私たちってどういう方向性で一緒に時間を過ごすの?」ということについては、最初から相手に強く理解させる必要があります


しかし、それをきちんと伝えると、関係を構築するのを怖がって逃げていく男性が多くいます。そういう男性はさっさと切った方が時間の無駄にならないので、自分がどういう関係性を持ちたいのかについては、最初からはっきり伝えましょう。

現地の人と付き合うことや結婚することは考えられない

Photo by Arisa Chattasa on Unsplash

海外にいると、自ずと日本人に会う機会が減ります。


そして、駐在している人は家族連れが多いため、シングルに会う機会はもっと少なくなります。そうすると、現地にいる人を恋愛、結婚対象に入れる可能性が出てきます。


しかし、滞在する国によりますが、国によっては日本とは大きな経済格差や文化、宗教の違いを有する国もあります。


それまで日本人とだけ付き合っていた場合、外国の人を選択する、というのもハードルがありますよね。


外国人と付き合うことを決めたとして、その後もその国で暮らしていく覚悟ができるか、ということも大きな問題です。

現地にいる人と付き合って、うまくいくかもしれないという時に自分が他国に異動して、遠距離になって自然消滅する

Photo by Cristian Palmer on Unsplash

これもよくあるパターンです。


そうして、また一つの恋が去っていきます。人は、物理的に距離ができると、関係を続けるのが難しいと感じてしまいます。


私はこの別れを何度も繰り返しました。引越しする度にどうしても別れました。でも、今振り返ると、遠距離だから終わってしまう関係は、元から機能していなかった関係だったのだと思います。

結婚の際、どちらかが職業をあきらめなければならず、女性が辞めることになる場合、時に男性側が覚悟できない

Photo by Vera Arsic from Pexels

どちらも仕事を辞めなくて済むのが一番ですが、移動する職種の場合はどうしても片方が辞めるという選択肢がちらつきます。


その場合に、女性側の仕事を辞めさせるという選択肢を女性に選ばせれば、男性側は、その後どうしたら一緒にいられるかの計画立案に参画する必要が生じ、また一時的に経済的な責任を負う可能性が発生します。


実際、女性側が自分の仕事を誇りに思っている場合もありますし、仕事を辞めるということは重いことですよね。


そして残念なことに、女性が辞めるという選択肢を選ぶことになった場合、男性側はその責務に耐えられないことがよくあります。責任をとれないと感じたら、一緒にいずらくなるので去っていくんですね。付き合い始めの時に考えてよ、と思うのですが、やはり先の事を考えない人は多いのです。


因みに、女性が辞めず、男性側が仕事を辞めて女性の仕事先についていくという事例もあります。ただ、やはり世間では一般的でないのは確かです。


男性が仕事を辞め女性について来る場合、色々と葛藤はありそうですが、お互いがハッピーであれば、正しいパートナーに出会えたということですね。

海外駐在員の恋愛の具体的方法:運命の相手は、行動で引き寄せて手に入れる

普通に1か国にとどまって生きるよりも、海外を転々とする人生の方が恋愛がしにくいのは確かです。大抵の場合、自分から動かず何もしないでいれば、時間だけが経過します。


1年後、5年後、10年後の自分を考え、後悔したくなければ今日動くことをおすすめします。


とくに30代になったばかりの方は、時間があると思ったら大間違いです。

30代は仕事が中間職になり忙しくなるので、恋愛はなおさらしにくいうえ、時間が倍速で過ぎさります。


やらなければならないことは、以下の2つを繰り返すことです。

  1. 自分から行動して相手を探す

  2. 合ってみて、自分に合うかを3回会う以内で見定める。



私はこれを繰り返し、最終的に結婚に至りました。「絶対この人」という人が現れるまで妥協しませんでした。結果、本当にすばらしい人にたどりつき、幸せを実感しています。


恋愛を成就させ結婚に至らせるには、以下のすべてのステップを前に進める必要があります。このとき重要なのが2の部分です。

  1. 相手と相思相愛になる

  2. 相手と将来について話し合う ←

  3. 交際を開始する

  4. 婚約する

  5. 結婚する


2と3逆では?と思うかもしれませんが、これであってます。交際に入ってしまうといろいろと面倒なので、その前に将来について話せるところまで仲良くなったら、率直に将来をどう考えているのか聞きます。


ポイントは、相手が「どういう交際を求めているのか」を交際前に知ることです。なぜなら、これをしっかり確認することで時間のムダを相当省けるからです。


「相手の回答が自分を扱う態度として真摯であるかどうか」を判断する機会を自分に設けるんです。


曖昧過ぎる回答や、自分の存在を大切にされていると感じられないようであれば、次の人にさっさと移ります。


男女ともに、世の中にはたくさん人がいます。あなたの場合は、選択肢は世界中にいるわけです。


「この人しかいないかも」と思って食い下がれば、無駄な時間を過ごします。自分に対し真摯でない態度を見せる人は、傷が浅くて済むうちにばっさり切りましょう。運命の相手にたどり着くまで、どんどん数をこなしていきます。


最近は、ネット上だけで婚活できるサービスがたくさん展開されるようになりました。


私の場合は6つのサイトを並行して利用していました。6つ利用して、ちょうどよいペースで人と連絡することができました。


ネット上で相手を探すサービスを見つける際は、結婚相談所などを利用する際は、ネット上ですべてが完結するサービスを選ぶ必要があります。


以下に海外、日本滞在を問わず婚活に使える厳選サイトを3つ紹介します。中をのぞいてみて、自分が気に入る相手がいるかを確認してみてください。

国際的な婚活で活用すべきサイト
  • naco-do
    スマホで完結が売りの結婚相談所。入会金などは不要で、きめ細やかなサポートのある結婚相談所としてはコスパが高い。3か月以内のお見合い成立率93.8%。

  • match.com
    海外婚活必須アプリ。世界中で1千万人以上が登録する、もっとも規模の大きいマッチングサービスのサイト。現地人とも日本人とも出会える。

  • エキサイト婚活
    26.5万人が登録する、日本の大手婚活サイト。駐在を対象とするプロモーションをしているため、駐在通しが相手を見つけられる可能性がほかのサイトより高い。


どのサイトも会う前にプロフィールなどで相手のことをしっかり確認できるのがポイントです。


私個人的には、match.comをかなり利用しました。世界中でmatchで会った人数は30人を超えるかもしれません。本当にどこの国でも使える必須アプリでした。


どのサービスでも、プロフィールを読み込むことで相手の人となりは大体わかります。会う前にリサーチすることで、無駄な時間を省くのがポイントです。


また、自分のプロフィールもしっかり作りこみ、相手に自分のことを理解しやすいようにしておくと自分の理想とする相手に出会いやすくなります。

【海外駐在員の恋愛】女性が知っておくべき駐在中失敗パターン5つ まとめ

この記事は、「女性は海外に行って仕事はしない方がいいよ。」ということを言っているのではありません。


むしろ、私は、海外だろうが宇宙だろうが、どこでも活躍する女性を100%応援するし、行きたい人の背中を押したいと思っています。


話が少しずれるんですが、過去、日本に一時帰国する度に、住所を記入しなければならない場面でよく「旦那さん外国人ですか?」とか「旦那さんの仕事で(海外にいるん)ですか。」と聞かれました。


当時、結婚したくてしょうがない時期で精神的に追い詰められていて、結婚相手も彼氏もおらず、私が働いているのに、「旦那さん」の仕事だと思われることに、なんだかやるせなさを感じました


同時に、日本では女性が海外で働くことはまだ珍しいことなんだなと実感しました。


私の次の世代の女性は、働きたい場所で働いて、恋愛もしたい時にして、結婚したいならして、夫婦二人で子育てが楽しくできる環境を整えて、一回しかない人生に詰め込めることを全部詰め込んで、めいっぱい楽しい人生を歩むべきだと思っています。


だから、女性が海外進出して働くとして、普段気づかないようなことを問題提起しています。


上記のあるあるパターンは、海外に出た後、「彼氏ができない、できてもうまくいかない」という状況にはまった女子から本当に良く聞く話です。


駐在女子が集まると、皆が語るグチですね。


まとめると、

「結婚することを将来考えているなら、こういう事が起こることを予期したうえで、予防線をはって恋愛、結婚のことを考えた上で駐在を計画するといいよ。」


行動する人は、出会える可能性が高まるので、現状をどうにかしたいなら今できることをすればより良い未来につながるよ。」

ということ。


私は焦った時期に行動しました。色んな人に会いまくり、時間はかかりましたが、結果大切な人を見つけられました。あの日、小さな一歩を踏み出してくれた過去の自分に感謝が止まりません。


あなたが今まだ大切な人を見つけられていないなら。あなたの将来のために今動いてあげてください。




仕事も大事だけど、恋愛、結婚も計画的に。


こちらの記事もどうぞ。








タイトルとURLをコピーしました
letlog