【国際恋愛・結婚】果敢に攻めた出会い探しと出会ったきっかけ

INTERNATIONAL LOVE
Photo by Joshua Earle on Unsplash

この記事では、国際結婚をした私達がどのようにして出会ったのかをご紹介しています。

たまに当ブログに出て来る夫、マニュエル。
改めまして馴れ初めをきちんと書いておこうと思います。

れと
れと

いつも、なんとなく出てきている夫、マニュエルです。

マニュエル
マニュエル

Hola!いつもなんとなく出て来ているマニュエルです。


パートナー探しをしている方のご参考になればと思います。
それでは、行ってみましょう。

国際結婚と出会いのきっかけ 恋愛探し

Photo by Jackson Simmer on Unsplash

はじまりは別れから

あれは9月のこと。



当時、5つ年下の日本人男性の方と、約2年付き合っていました。
それまでも何度か将来の話をしたことはあったんですが、回答はいつも「まだ僕達が合ってるかわからないよ。」だったんです。


2年近くですよ。
そしてその時私は駐在族で、他の国に仕事で引越しする可能性が見えてきていました。



なので、私は将来の話を持ち出したんです。


その時の会話。

「私たち、どうするの?」

「んー、どうも何も。今が楽しいから何も変える必要は無いと思うんだけど。」

「私いなくなるけど。」

「僕も自分がどんな将来になるかわからないから、何もわからないよ。」


はー????ですよ。


この時、私はもうだめだ、と思いました。この人は何も考えていない。



彼は私の家に同居していたんですが、この後静かに話し合いを行い、出て行って頂きました。
何の感情の起伏も出ない、静かな別れでした。たぶん、お互いあんまり相手に感情無かったんですよね。


私も「今から他の人を見つけるのは難しい」と思って一緒にいてしまったんです。だから自分も悪い。


逆に彼と一緒にいることで貴重な時間を無駄にしてしまった、と心から後悔しました。その後彼には一度も会っていません。

当時、私は37歳でした

恋愛アプリへの登録

3日程落ち込んだ私でしたが、すぐに立ち直りました。
私はもう、当時住んでいた地域にあと数か月しかいられないことが分かっていたからです。



会社からもうすぐ「異動の通知」が来る時期。もしかしたら次は物凄い環境の土地かもしれない。


発展途上国で紛争地域とかだったら、恋愛なんてしている場合じゃなくなります。
そう思うと、あと数か月で運命の人を見つけないと、と必死な思いでした。


そこで、絶対に相手を見つけるという夢を叶える、そのために何でもする」と自分に誓い、イメージトレーニングを開始しました。


私は、「イメージすることで夢を現実に引き寄せ叶える」ことで今まで人生をコントロールしてきています。



以前から利用していたアプリをもう一度インストールし直し、プロフィールを詳細に作り上げました。2年ぶりに本腰の恋人探し。


以前よりもバージョンアップして、新しいアプリも追加。当時、全部でアプリは6つ利用していました。私の利用したアプリの中で、実際使えると感じたアプリはこちらです。↓


「恋愛面接」をしまくる毎日

Photo by Allie on Unsplash

仕事はしていたんですが、その合間に「面接」を入れ込みまくりました。忙しい中婚活をすると、時間をきっちり区切って行うことができるので効率的かもしれまん。

具体的には以下のように組み込みました。

勤務中のランチ

ランチの時間に約束を入れる時は、「休憩時間1時間しか会えないこと」をしっかり前以て伝えてから会いました。

新しく人に会うのって大抵お金がかかりますが、ランチなら元々食べる物なので、+@でお金を遣わずに済んでよいです。

平日夜はグラスワイン一杯だけ

夜も時間を区切り、「ワイングラス一杯の時間しか会えないけど、OK?」と聞いてから会う約束をしました。言い訳は「翌日早いから」です。

土日は6つのスロットに分け、面接を入れられるところに入れまくる

土日は、朝、昼またはカフェ時間、夜のスロットに分けました。
レストランで朝食、昼以降はカフェ、夜はグラスワイン一杯。

基本長居しないスタンスで、毎週末3人~5人くらいの人に会っていました。



自分が理想とする相手が行きそうな場所、パーティーやmeetupにも色々と参加していました。
この生活を数週間続けたところ、私の身に何が起こったか。

なんと、誰に何を話したか全く思い出せない上に、それぞれの個性なんかも忘れちゃって、二度目会うとなると何を話してよいかわからないという状態になりました。

2か月程したところで、疲れが最高潮に達して、一度がむしゃらに動くのをやめました。
おまけにね、会う人会う人、変な奴ばっかりでしたよ。

プロフィールと全く違う人だったり、超トランプ派でやたら私を共和党の考えに説得しようとして来る人とか、超失礼な人とか、一夜目的とか、妻に家を追い出されて住む所が無い人とか。


誰一人一緒にいたいと思う人はいませんでした。


この時は「出会いを探しによるストレス」に苛まれました


まぁ、これも良い経験といえば良い経験でしたけどね。
この経験があるからこそ、マニュエルの存在に自然に感謝の気持ちが沸き上がります。

作戦の変更

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

人とテキストで少し長めのコミュニケーションをとる

アプリで出会った人とすぐに会うと、変な人に会う確率が高くて面倒くさいので、携帯でもう少し会話をしてみようと思い、方針を変えました。

基本的には、テキストでの会話をきちんとしてみるという事に尽きます。

探す範囲を広げる

自分のいた街だけをターゲットにしていたんですが、変な奴しかいないので、ターゲットをアメリカの東海岸全体に広げました。(当時私はアメリカで仕事をしていました。)

当時は、飛行機に乗って会いに行ってもいいや、と思ってました。
アメリカにいられるのもラストミニッツだし、なんでもする気でした。

しかし、出会いを探して2か月目、検索しても連絡を取ることができる対象の人もどんどん減っていきました。婚活マーケットの中にいる人はそんなに頻繁に変わらないわけで、ある程度の人と会うことを消化すると、だんだんと新規で会える方がいなくなってくるんですね。

アプリの利用の仕方を変える

プロフィールを頑張って、写真も色々と取り換えてみたりして、どうにか連絡してもらえるよう自分をプッシュし続けました。

35歳越えると、恋愛サイトは待ってるだけじゃだめなんです自分から動かないと。

検索型の恋愛サイトでは、男性は大抵「20歳~35歳を対象」として検索します。

だから、いくら自分のプロフィールが良くても、検索すらされないんです。
これ、大事だから囲みますね。

どうにか相手の目につくようにするには、アプリの「ハート、投げキッスを送る」機能をプロフィールの良い相手目掛けて送信する必要があります。

ハート、投げキッスは、検索でヒットしたプロフィールへの「いいね!」機能のようなものです。

大抵どの恋愛サイトでもこの機能があります。


その数日間は、ひたすらプロフィールの良い相手探しとそれぞれの相手へのハートの連打だけ続けていました。

国際結婚と出会いのきっかけ 800KM先で起きたこと

Photo by bongkarn thanyakij from Pexels

届いたハート

一方で私の街から800キロ離れた街に住んでいたコスタリカ人、マニュ。

彼は、アメリカの市場でなかなか見つからないパートナー探しに疲れて、恋愛サイトに登録して3か月が経過していました。


登録をしたのは、JapanCupid.com↗。

彼は当時日本語を習得しようとしていて、日本語学校に通っていました。
日本文化が好きだった彼は、可能なら日本人の女性と出会いたいと考えていたそうです。

そこで、googleで検索して最初に出てきたJapanCupidにとりあえず登録してみたそう。
(利用する恋愛サイトがネット上で検索で見るけられやすいか否かも重要ですね。)


そしてある日、突然アメリカ在住の日本人から受け取ったハート。

私の運が良いことに、このハートを受け取ってプロフィールを開いてくれたんですね。

相性診断

JapanCupidには、「2人の相性がいいか」を判断する機能がついています。
結果はこんな形で表示されます。

これ、私たちの実際の結果です。


これを見て、こう思ったそうです。

マニュエル
マニュエル

この人の希望に僕は全部一致してる!!!すごいっ。



実際、一番最初に彼から連絡が連絡が来た時、この写真が送られてきました笑。

余程感動したのだと思います。
(私が相手に対してAtractiveかAvarageを選んでるのは、大抵皆がこの2つを選択するからです汗)


しかし、このJapanCupid。利用者がお金払わないと、受信したメッセージ読めないんですよ。

私は登録だけしたものの、お金支払ってなかったので、それまでJapanCupidに他のひとから受け取っていたメール、全部モザイクかかってて読めていませんでした。

ところが、「全てマッチしてる!!」に感動したマニュは、「相手が自分のメッセージだけ読めるようになるオプション料金追加」をしてくれたんです。

そのため、メッセージを受け取った私は、モザイクだらけの受信ボックスの中で、彼のメッセージだけを読むことができました。

メッセージを受け取った時、私は自分の家のリビングで、引っ越しの事を考えてぼーっとしていました。受け取った最初の感想は、「あっアメリカ人じゃなくてコスタリカ人だったんだ?」でした。

これが、マニュとの出会った初めのはじめです。

続きはこちら。↓



因みに、恋愛サイトを試す時は、詐欺がいるので気を付けて臨んで下さい。

【国際恋愛・結婚】果敢に攻めた出会い探しと出会ったきっかけ まとめ

婚活をはじめて7年。ようやくこの日に婚活の終結に向け幕が開いたわけです。
というわけで、出会いはアプリです。

アプリが無かったら出会えてなかったし、結婚もしておらずまだ探し続けていたと思うので、インターネットにも、利用している電話作ってくれたスティーブ・ジョブズにも、とてつもなく感謝し続けている日々です。

国際派の方は、とりあえずJapanCupidに登録だけでもしてみて下さいね。
もちろん日本の方も多く登録されていますよ。

>>>JapanCupid.comの公式サイトはこちら

今日はここまで。こちらもどうぞ↓

タイトルとURLをコピーしました
letlog