【スイス旅行記ブログ】ローザンヌ、シヨン城、グリュイエールをお散歩

chillonTRAVEL IN EUROPE
Photo by Stephan Wiesner on Unsplash

この記事では、スイスのローザンヌ地方近辺を旅行した際の旅行記です。

ローザンヌと聞いて、「なんか聞いたことあるぞ」と思いました?

ローザンヌは、国際オリンピック委員会(IOC)が本部を構える都市として有名です。

オリンピック関連のニュースが流れると、この地名がよく出てきます。


こんにちは、れとです。

今までヨーロッパとアメリカ大陸の3か国で駐在し、仕事や旅行で30か国程を訪れています。

この記事は、スイスに2017年6月に行った時の旅行記です。

この記事では、ローザンヌ地方とその近郊の雰囲気をご覧いただけますよ。

具体的にはこちらをご紹介しています。

✔ ローザンヌ
✔ シヨン城
✔ グリュイエール

それでは行ってみましょう!

【スイス旅行記ブログ】ローザンヌ地方 ローザンヌ

ローザンヌは、スイスの南西部のルマン湖のほとりにある比較的大きな都市です。

スイスの首都ベルンとジュネーブの丁度真ん中くらい。

フランスにとても近い地域ですね。

スイスでは、4か国語(フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロマンシュ語)が公用語で、この地方ではフランス語が話されています。

今回の旅行では、私はチューリヒからスイスに入り、ローザンヌに向かいました。

チューリヒからローザンヌへは、電車で向かうことが可能です。

2階建ての快速、快適な電車で、チューリヒからローザンヌまで大体2時間半程

金額は約26ユーロ。大体3千円くらいですね。

都市部な風景も通るんですが、多いのはこんな風景。

ブドウ畑がどこまでも広がり、眼下にはルマン湖がキラキラ輝いています。

「世界の車窓から」みたいな風景に、テンションが上がります。


ローザンヌに到着!

ローザンヌには、伝統的で古風な建物が多く立ち並んでいます。

少し街の周りをお散歩してみました。

上から見ると赤い屋根が連なり、本当に美しい街並みです。

少し丘に上がった所の風景です。

高い建物が少ないですね。

古い教会が街を見下ろしています。

街の中心のストリートはこんな感じ。

石畳の旧市街は雰囲気がありますね。

ローザンヌの旧市街地区は、歩行者天国になっています。

迷路のように入り組んだかなり大きな区画に面白いお店が所狭しと並んでいて、この近辺を歩くだけでも1日楽しめてしまう程。

普通の量販店から可愛いチョコレート屋さんまで、様々なお店が並んでいて、さながらショッピングモールのようです。


この日、Airbnbのアパートに滞在しました。

シェア型では無い部屋だったのだけど、ホストの女の子も私に会いにアパートに来てくれて、自己紹介から街のおすすめスポットまで教えてくれました♪

20代前半のめちゃくちゃ可愛くて元気いっぱいの女性。

このアパートは、彼女の持ち物なんだけれど、今は彼がいてほぼ同居で利用していないので、Airbnbで貸し出しているのだそう。

意気投合して盛り上がりました!

お部屋もこんな感じで可愛い。

インテリアも、北欧風の可愛らしいアイテムで統一されていました。

居心地の良いおしゃれなお部屋。

ベランダもあって、街を眺めて、地元の人の生活感を感じることができます。

キッチンには果物やシリアル、コーヒーなど、軽く食べられる物をたくさん置いていてくれて、自由に食べることができました。


Airbnbは現地の人とすぐ仲良くなれるので、友達を現地に作りたい私としては本当に嬉しいサービスです。

せっかく海外に出るからには、地元の人と交流する機会が欲しいですよね。

私の場合、旅行先よりも地元の人との交流がとても重要。

それにはAirbnbが本当に使えます。


家主と一緒に滞在できるタイプと、そうではない独立型、一部の施設だけのシェア型など、色々選べて便利です。

家主が出入りするタイプや、家族として一緒に過ごすタイプでは、もうホストファミリーですよね。

私は旅行する度に、この出会いを楽しんでいます。

家主の方との語り合いは、本当に良い思い出になりますよ。


Airbnbを利用したことがない!という方。

挑戦したい場合は、こちらから紹介割引で6500円オフでご宿泊頂けます。


\!Airbnb 新規入会6500円オフ キャンペーン中!/

Airbnbで予約する事のできる施設であれば、どこでも割引適用可能です。

上のリンクからどういった物件があるか見られるので、是非見てみて下さい。


翌日、ローザンヌに住む友人とローザンヌの近くのブドウ畑を歩いてみました。

ルマン湖を下に身ながらどこまでも歩くことができます。

空気が澄んでいて気持ちいい。

旧市街など人の多い所も楽しいですが、市街地から離れると、また違った雰囲気を楽しむことができますね。

かなり古そうな家が立ち並びますが、ほとんど人に会いません。

雰囲気がありますよね。

夜歩いてみたいなと思いました。ロマンチックだけど、めちゃくちゃ不気味そう。

【スイス旅行記ブログ】ローザンヌ地方 シヨン城

ローザンヌから車で30分くらいの所に小さなお城「シヨン城」があります。

ルマン湖の東の端に位置しています。

ここも訪れてみました。

シヨン城は、ルマン湖にせり出た小さな小島に建てられたお城です。

このお城の歴史を遡ると、なんとその起源はブロンズ時代にまで遡るそうです。

ローマ帝国時代には、このアルプス地域を通り抜けるための重要な見張り台として利用されていたのがわかっています。

まるで、湖に浮いているように見えるお城。

水の色がエメラルド色で美しいのも相まって、風景全体が本当に絵のよう。

シヨン【Chillon】は、ウォルダシアンという言語の方言とされ、その意味は「平な石、平板、壇」。要するに、このお城は、「平らな岩の上に作られた城」という事であるようです。

このシオン城、16世紀には牢獄としても利用されていました。

観光客は、中に入る事ができます。

中の部屋は、眼下に水辺が広がり、外に出ることのできない閉鎖的な空間。

牢獄として利用されていたなら、絶望しか感じなかっただろうな、とぞっとします。

【スイス旅行記ブログ】ローザンヌ地方 グリュイエール

チーズで有名なグリュイエール。

こちらはローザンヌから車で45分程の距離。

麓の山道から随分と傾斜のある道を上った、山奥と言ってもいいような所にありました。

車を降りて少し歩くと、山奥に突然現れる街。とても不思議でした。

きちんと石畳で覆われた道が出現。

街にはコテージのような建物が立ち並びます。

超山奥なのに、色々と栄えてます。

チーズ屋さんもあったり、お土産屋さんもたくさん。

お昼ご飯は、やっぱりチーズフォンデュ。

グリュイエール トラディションズ SA(Gruyère Traditions SA)というお店で頂きました。

白ワインと一緒に、パン、ピクルスや白玉ねぎ、じゃがいもなどがこれでもかっという程テーブルに並べられます。

これね、ほんっとにおいしかったです。

チーズのこってり感はあるんですが、それでいてあっさり。

ピクルスや玉ねぎがチーズに合うんです。

Gruyère Traditions SA

住所:Rue du Bourg 20, 1663 Gruyère
営業時間:7:30~23:00
電話番号:+41 26 921 30 90

食事を終えて外に出ると、昔の恰好をした人々が音楽を奏でていました。

かなり適当な感じが、昔からこんなんだったのかなと思わせてくれる笑。

皆絵の中から出てきたかのように、めちゃくちゃ風景にフィットしてます。

音楽もいいんです。詩吟みたいな感じ。

この地方に来たら、グリュイエールおすすめ観光スポットです!

【スイス旅行記ブログ】ローザンヌ地方近郊 まとめ

このローザンヌ地方を旅した後にベルンへ向かったんですが、その記録はこちらからどうぞ。

そして皆さん結構知らない人が多いんですが、ベルンはスイスの首都です。

ちわわ
ちわわ

えっ、首都はチューリッヒだと思ってた!

わかります、良くそう言われる方多いですね。


とりあえず、ローザンヌ地方は行く価値だらけです。

この地方だけでも本当に楽しめました。

スイスに行く機会があれば、是非行ってみて下さいね。

旅行計画は、計画を一括で問い合わせちゃうとアレンジが楽です。

自分で組み立てたい方向けのネットサイトの案内もしておきますね。


 ネットで色々組合せて申し込み


現地生活に溶け込む

>>> Airbnb

私的には、若い方には、地元の人々と知り合えるAirbnbが断然おすすめです。

地元の人の家に宿泊して現地の人々と触れ合えれば、それが一生モノの思い出と経験になります。

普通のホテルでは、経験できない特別な経験ですね。

まだ試したことが無い方は、是非試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました
letlog