【実話・トラウマ不可避】国際恋愛でストーカー行為・つきまといの被害にあった話

INTERNATIONAL LOVE
【実話・トラウマ不可避】国際恋愛でストーカー行為・つきまといの被害にあった話
りす
りす

ストーカーに遭ってしまった人の話を探してます、そういった過去をお持ちですか?



はい。この記事では、私が昔、1度だけ出逢った外国人ストーカーの話をお話しています。今思い返すと、自分の行動も軽率で、危なっかしいのですが…。



当時は、人間関係に対する免疫もあまりなく、事態が悪化して行ってもどう対処してよいかわからなかったというのが実際のところでした。それから、電話もまだスマホが出るか出ないかの頃で、相手をブロックするということに頭が行かなかったことも追記しておきます。



自分にとっても黒歴史で、消したい過去です。



一方で、この記事を読み、こういうケースもあるという事を知ることで、これから新しい出会いをたくさん経験する方々の自己防衛の意識に繋がるかもしれないと思い至り、ブログに残しておきます。



ちなみに、このストーカー話は、ぜんぜん怖くはありません。幸運なことに、怖くなる前に話を終わらせることができたお話です。相手がメンヘラ男で少し精神的に追い詰められた!という話です。

ただ…もし、あのままエスカレートしていたら、もっと大変なことになっていたかも、とは思います。


このブログを読むと、良い性格の人でもストーカー化する可能性があること、その変貌ぶり、また、ストーカーに遭ってしまった際にどうすべきかをご紹介していきます。



最後の項には、ストーカーに実際遭ってしまった際の対処法も記載していますね。

【実話・トラウマ不可避】国際恋愛でストーカー行為・つきまといの被害にあった話

Image by PDPics from Pixabay

二面性を持つ人って結構多いんですかね…。私の出会った人は、まるで違う人格を内包しているかのようでした。

普通の第一印象

その人と出会ったのは、新宿で開かれた、とあるパーティーです。

「フランスから日本に働きに来ているんだ。」と話すその人の名前は、Jeanといいました(仮名)。30歳前後でした。飲みながら立ち話しているうちになんとなく仲良くなり、パーティーの終わり際、連絡先を交換しました。


その後テキストを送り合い、少しずつ外で会ったり、お互いの家に遊びに行き来するようになっていったんです。



お互いに新宿近辺在住で、気軽に互いのアパートに通うことができる距離でした。そのため、会うのが容易だったんです。その時、私は、自分の妹と一緒に住んでいました。



彼は、よく料理を作って振舞ってくれたり、色々と気をつかってくれました。最初は優しさ溢れるいい人という印象です。妹とも自然に仲良くなりました。

突然の変貌

ある日、私の家にいた時に、けんかしたんです…。最初は、ちょっとした議論だったんですよね。しかし、あるポイントを境に口論になりました。その瞬間でした。



彼が突然豹変したんです。

血走った目を見開き、唾をまき散らしながら、信じられない程汚い言葉で私をののしり出したんです…。顔が全くちがって…まるで本人と思えないような形相でした。




私は、暴言を浴びせ続けられ、彼を止められない状態になりました。殴りかかっては来ないものの、テーブルに拳をがんがん、がんがんと叩きつけて威圧し、立ち上がって私に向かって叫び続けます。その様子は、私にとってはかなり異常に見えたんです。



叫び続けられて委縮した私は、耐え切れなくなり、「出て行って!!」と叫び、彼を追い出しました。

繰り返される普通と異常

翌日、電話がかかってきて何度も謝られました



いつもの優しそうな口調で、「もう二度とあんな風に暴言を吐くことは二度としない、許してほしい。」と彼は言いました。まるで、昨日見たことが幻に思える程、親切な態度です。



説得された私は、一度、様子を見ることにしました。(バカですね。)



そして数日後、また議論になり暴言がはじまりました。彼が暴走する自分を止められないのが伝わって来て、病的にすら感じられました。



また襲い掛かって来そうな程に暴走がはじまったところで、私は彼を止めました。そして、「本当に怖いから、もう会いたくないんだけど。二度と来ないで。」と静かに伝え、追い出したのです。彼は興奮した状態のまま、外に出ていきました。



その後、しばらく連絡は止まったのです。

見えないストーカー化

Image by intographics from Pixabay

しかし、数日後、電話がかかって来ました。そして、「許してほしい、もう叫んだりしないから。」と感傷的な声で言われました。



とても会う気になれなかったので「会えない」と伝えると、相手は電話口ですすり泣き…。私は途中で電話を切りました。正直、相手の行動が子供っぽく見えて、ばからしく思えたんです。その日、その後何十回もの着信がありましたが、無視しました。



数日後も着信が来続け、一度電話をとりました。すると、Jeanは突然言いました。

「会ってくれないと何をするかわからない。」

「…会わない。」

すると、電話の向こうから、

「アー!!!!!!」という叫び声と共に、ガッシャーン!!バリンバリン…とガラスの割れる音。

「…何を割ったの?」

「鏡…。…性格を直すから…チャンスをもう一度欲しい。」と泣きながら懇願するJean。

「…ムリ。」

と私は答え、電話を切りました。



私は少し怖くなりました。電話口で鏡を割る行動は、結構異常に感じました。私は、自分を強く保とうと努めました。一方で、誰かに相談したい衝動にも駆られていました。でも、誰も相談できる人がいなかったんですよね。当時私は、留学から帰ってきて、東京で会社に勤めだしたばかりでした。



ただのメンヘラで何か大それたことをしようとしているわけじゃないだろう…と思いつつも、身近に相談できる人はおらず、どうして良いか途方に暮れました。



彼が優しかった頃の記憶もあり、「時間を置いたら普通の状態に戻り、その状態を保つことも可能かもしれない…」という期待もまだどこかにあったんです。これもばかですね。



妹だけには、「Jeanの様子がおかしい」とだけ伝えました。一緒に生活する妹を必要以上に怖がらせるのも…と思った自分がいました。


しかし、彼からの連絡は、またしばらくぱったりと途絶えたんです。

異常な発言

数週間後。またJeanから着信が来はじめました。今回は連続ではなく、一日に数回。2日目、電話をとりました。

Jeanは、即座に聞いてきました。

「会えない?」

「会わないよ。」

「会えないなら、何をするかわからない。」

「何をするっていうの?」

「明日、同僚モモコの足を事故に見せかけて折る」

(はぁ??)


私は(ドラマチックにし過ぎでしょ…ハッタリに決まってる)、とあきれ、正直ばかばかしく思いました。

「モモコって誰よ?ばかな事言わないで。そんな事するような人のところに、誰が戻ると思う?」


と言って電話を切りました。その後、数日間電話はありませんでした。

普通のふり

また1週間程したところで、Jeanから電話がありました。電話に出ると、その日の話し方は丁寧で普通でした。



「今までごめん、迷惑かけて。今日は、ただ謝りたかったんだ。」からはじまり、彼自身の生活に色々あったことでストレスが高まっていて、コントロールできずに爆発してしまった、もうだいぶ落ち着いたから、もうあんな風になることは無いと思う、と聞かされました。



終始落ち着いていました。それだけ言い、「じゃ。」と電話は向こうから切れました。



数日後、また着信があり、今回も普通でした。「ただ、君がどうしているか気になって。元気ならいいんだ。」という短い電話。これが数日間続きました。



するとある日、こう言われました。

「もう二度と連絡しないって約束するから、一度だけ会ってくれないかな。そしたらさっぱり忘れるから。最後に一回だけ会いたいんだ。一回だけだから。」


普段の話し方で、とても紳士的でした。



その言葉を信じ、私は新宿駅で会うことに合意してしまったんです…。ただ、2人きりになるのは怖いので、以前行ったことのあった「西口のパブリックスペースで」と指定しました。

自分に酔う

Image by Ylanite Koppens from Pixabay

新宿駅に到着すると、ピンクの大きなバラ花束を持った人が目に留まりました。なんと、Jeanでした。片手で抱える程の花束。



近づくと、「やっぱり…やり直させてほしい。」とバラの花束を押し出して来ました。



「今日以降、もう二度と会わないという約束だから。」と私は動かず告げました。戻る気はありませんでした。



すると、Jeanの顔がぐゎっと歪みました。次の瞬間、私は自分に何が起こったのか理解できませんでした。

なんと、Jeanが、バラの花束で私の顔を殴ってきたんです…!バットで打つような感じで。


叩きつけられた花束によって自分の顔が下を向いた直後は、スローモーションのように感じられました。なんだか冷静に、「この人は自分に酔ってるんだろうな。」という考えが頭をよぎります…。ナルシストなところはありましたが、ドラマチックな演出すぎてあきれました。



それで、花束を顔に投げつけられた私は、というと、結構な痛さだったんですよ。「私が何をしたっていうの???」という怒りが沸きました。



しかも色んな意味で状況が恥ずかしすぎました。場所は、新宿。当たり前ですが、周りに人は多く、日本人の私は、誰かに見られるのが嫌で、その場にいてもいたってもいられませんでした。



上げられない視線の先の床には、ピンクのバラの花びらがそこら中に散らばり、無残な姿になった花束が横たわっていました。



私は、

「信じられない。言葉も見当たらない。二度と会わない。」


とぼそっとつぶやいて、その場を逃げるように去りました。




この日の後、何とも言えない後味の悪い感情が数日間続きました。本っ当に嫌な気分になりました…。

確実な脅迫

数日後、また連続着信がはじまりました。昼間に一度着信をとると、「今、君の家の近くにいる。帰りに待っている」と彼は言いました。(なんで自分自身が着信に応じていたのか、今となっては理解不能です。)



「意味ないよ、あのアパートには今夜帰らないから。」とだけ嘘を言って切りました。その日は残業で遅くなりつつもアパートに帰りましたが、帰り道に彼に会うことはありませんでした。なんとなく、私に危害を与える事は実際のところ無いだろう、と心のどこかで思っていたんです。



数日後、また着信。すると、今回は、

「お前の妹が夜帰る時間に待ち伏せする。何をするかわからない。ナイフを持っている」


と言うんです。これは完全に脅迫です。


対象が自分ではなくなったことで、私は一気に怖くなりました。80%くらいはハッタリだと思いつつも、何かあったらと思うと気が気ではなくなりました。妹には実家に戻るか友人の家に数日間は泊まってほしいとお願いしました。



この日から、私はもう着信しても電話をとらないようになりました。

SNSの嫌がらせ

Photo by Sora Shimazaki from Pexels

この時期、私はとあるSNSを利用していたんです。そしてそのアカウントに、不審な書き込みがはじまりました。


複数のアルファベットの文字列が並ぶ名前のアカウントから、英語とフランス語で「豚!」他、放送禁止用語が毎日書き込まれるようになったんです。犯人は、明白過ぎる程に明らかでした。



現在から過去の投稿まで、酷いコメントが投稿され続けました。私は書き込み者のアカウントのブロック合戦をやる羽目になりました。


少しずつはじまった罵詈雑言の投稿は、日を増すごとに増えていきました。毎日新しいアカウントが大量に作成され、連続でコメントが投稿され続けました。彼が空いた時間の全てを使い、私のSNSを荒らしているのは明らかでした。


結局私は対応が追いつかず、SNSアカウントを閉めました。なんともやるせない感情が募り、地味に精神がやられました。

精神的に追い詰められていく日々


この頃、アパートへの帰り道も「もしかしたら、本当に待ち伏せされているかもしれない」と思うようになっていきました。次第に帰るのが怖くなっていったんです。



Jeanからは、「お前のアパートのすぐ近くにいる。」などのテキストが毎日のように届いていました。脅しなのか、本当だったのかはわかりません。



正直なところ、私は、この頃には外を夜一人で歩くことも怖くて難しい状態になっていました。道端の木が揺れ、小さな音が発生しただけでも敏感に反応してしまう程、精神的に追い詰められていました。



結果、元いたアパートに住むことは難しくなり、1か月後にアパートを引き払うことにしました。



そして、本当に良いタイミングだったんですが、ちょうどこの頃に、海外赴任の話が私に来たのです。そして、3か月後には渡航することが決まりました。



引越しは、家族総出でアパートに行って一気に行いました。実家にしばらく住みながら、私は他の国に引っ越す準備に集中しました。そして、携帯電話も解約し、彼と私を繋ぐものは何もなくなりました。



その後、無事に海外赴任に至り、私は彼に一度も会っていません。



もう随分と昔の話です。

ストーカーへの対処

私は、随分と無防備過ぎたと今では反省しています。ストーカーめいた人物が発生したら、自分を守るためにできることを100%してください。

自分を守れるのは自分です。

逃げるのが一番大事

私は本当にラッキーで、丁度良いタイミングで海外に逃げる事ができました。もし、あの時あのアパートに住み続けていたら、状況はエスカレートした可能性は十分あります。

周りの人に相談する

友人、同僚、家族、全ての話せる人に話した方がいいです。話しずらいかもしれませんが、絶対に話しておいた方がいいです。

会社と自分の行き帰りに、何があるかわかりません。可能な限り他の誰かと一緒に行動してもらえるように配慮して行動します。

警察に相談する

残念ながら、警察は立証できないとストーカーを捕まえることはできないそうです。何かあってからじゃ遅いんですが、警察だって忙しいですよね…。一方で、パトロールを増やすなどの防衛策をとってくれることもあります。

もしストーカーにあっている証拠があるならば、警察に見せつつ相談です。

ストーカー調査専門機関に対処してもらう

身の危険を感じるレベルに至った場合には、プロに解決を依頼することもできます。ストーカー調査専門機関は、被害を立証し、対処方法を考えてくれます。



原一探偵事務所というところは、調査実績が44年と長く、解決実績11万件以上と探偵業界最大手のストーカーを扱う事務所だそうです。もし、悩んだら連絡してみてください。


>>> ストーカー対策【原一探偵事務所】

まとめ

恋愛関連の困りごとというのは、他の人に話しにくいんですよね…。他の人に話して迷惑を掛けるのも気が引けます。



私は、当時、彼がこのように豹変しストーカーになったこと、自分が嫌がらせを受けるに至ったことを、まるで自分に負い目があるかのように感じていました。



そして、日本ならではだと思うのですが、こういう案件て、女性側に隙があるからだと言われてしまいそうな気がしてしまっていました。



振り返って思いますが、彼が脅迫を開始した後は、おかしいのはどう考えても彼であって、私ではありません。精神的に被害を受けたのは、私だけです。



こういうストーカー達には、常識は通用しません。突然、起こってはいけないことを起こす可能性は十分にあります。何かある前に、まだ可能性の段階の間に、周りの人に相談し、十分な対策をとらなければなりません。



残念ながら、こうした人は出会ってしまうと逃げることも難しくなるのが一般的。少しでもおかしな人には近づかないように普段からの自己防衛が大事です。そういっても難しいですけどね…。


こちらもどうぞ↓



タイトルとURLをコピーしました
letlog