超簡単ケトジェニックマヨネーズ=5分で完成。オリーブオイル+卵+マスタード+アップルサイダービネガーで自作しよう。

INGREDIENTS

「ケトジェニック実践者は、マヨネーズは食べてもいいの?」

「ケトジェニック実践者のためのマヨネーズのレシピはある?」


こんな疑問に答えます。

本記事では、ケトジェニックダイエット実践者のためのマヨネーズのレシピも紹介します。新鮮でおいしいマヨネーズは材料さえ揃えればたったの数分で完成しますよ。


レシピがご覧になりたい方は、一番下まで飛ばしてください。


それでは、早速紹介していきますね。

ケトジェニックダイエットでマヨネーズは食べてもいい?

Image by Aline Ponce from Pixabay

マヨネーズは、「食べても問題」ありません。しかし、種類によります。なぜなら、オイルにはトランス脂肪酸など、人体によくはない成分が含まれているマヨネーズもあるためです。


マヨネーズは、本来ケトジェニックな食べものです。マヨネーズは糖質の低い食べもので、ほとんどがオイルですので。


1日のカロリー量内の70%のカロリー量を脂質で摂取すべきケトジェニックダイエット実践者にとって、マヨネーズは、必要な脂質を一気に摂取できる味方といえます。(とはいえ、カロリー量は高いので、食べ過ぎれば脂肪のもとです。)


よく購入されている市販のマヨネーズ。みんな大好きですよね。一般的な商品の原材料は以下のとおりです。

原材料:

食用植物油脂(大豆を含む)、卵黄、醸造酢(りんごを含む)、食塩、調味料(アミノ酸)、香辛料、香辛料抽出物


栄養成分:

エネルギー 100kcal

タンパク質 0.4g

脂質    11.2g

炭水化物   0.1g

ナトリウム  105mg

食塩相当量  0.3g


炭水化物量は0.1gと低くなっています。そして、「食用植物油脂」には詳細がなく、なんのオイルか不明です。


ちなみに、「カロリーカット」をうたっているマヨネーズの方が炭水化物の分量が多かったりします。カロリーカットだからといって、ケトジェニックダイエット向けとは限りません。


原材料を確認し、炭水化物量が少ないものを購入しましょう。

ケトジェニックダイエット中のマヨネーズに利用できるオイルの種類

Image by Steve Buissinne from Pixabay

マヨネーズは、オイルが重要なベースです。しかし上述のとおり、市販のマヨネーズは何のオイルが利用されているかわかりません。オイルの種類が特定できないものは避けたいところです。


自分が安心なものを口にしているかどうかを確実にするには、自分で作るのが確実です。自家製マヨネーズを作る場合、オイルは以下のようなものが利用可能です。


  • オリーブオイル

  • マカダミアオイル

  • くるみのオイル

  • アボカドオイル

  • ココナッツオイル・MCTオイル※

※お腹を壊してしまう方もいるので、ココナツオイルは少量から問題がないか確認します。


オリーブオイルは、比較的どこのお家でも常備されていると思います。おすすめのオイルです。上記に記載したオイルは、ミックスして利用するのも可能です。

ケトジェニックダイエット実践者のための簡単マヨネーズレシピ

市販のマヨネーズでも十分おいしいですが、ご自身でマヨネーズを作ってみてください。新鮮だからこその味わいがあります。


ケトジェニックマヨネーズ

低糖質で余計なものを一切利用しない簡単マヨネーズです。
Prep Time3 mins
Active Time5 mins
Course:ソース・ドレッシング
Cuisine:French
Keyword:ketogenic, low-carb, ケト, 低糖質
Yield:4
Calories:17.35kcal

Equipment

  • ブレンダー(またはミキサー)
  • ブレンダーなら、ブレンダーがはいるカップ

Materials

  • 2 卵黄
  • 1 大さじ アップルサイダービネガー
  • 1 大さじ ディジョンマスタード
  • 1 大さじ レモン汁
  • 300 ml オリーブオイル マカダミアオイル、くるみオイル、アボカドオイルなどでも可
  • 1/4 小さじ ピンクヒマラヤソルト
  • 少々 黒コショウ

Instructions

  • 卵黄、ディジョンマスタード、アップルサイダービネガー、オリーブオイル、レモンジュース、ヒマラヤソルト、黒コショウをカップに入れます。
  • ゆっくりと撹拌します。
  • オイルが混ざり、マヨネーズになるまで続けます。

Notes

【4人分】
タンパク質:3.73g
炭水化物:3.67g
脂質:19.64g




新鮮なマヨネーズを食べよう!

美しくしなやかな体を作るには、新鮮な食べものを体内に取りこむのが一番です。


保存料も一切利用していないマヨネーズは、味も最高だし、体にも嬉しいですね。一度食べてみれば、手作りマヨネーズのとりこになりますよ!


一方で、このマヨネーズは保存料などを一切使用しないので、保存するなら1週間ほどで食べきってください。作ったらすぐに使いきります。


材料さえ揃えれば、たったの1分でできあがります。ぜひ新鮮なマヨネーズを試してみてください。




アップルサイダービネガーは、世界中で大人気なBRAGGがおすすめです。


Comments

タイトルとURLをコピーしました
letlog