低糖質なドレッシングを手作りで。基本のフレンチドレッシングを3分でつくろう♪

INGREDIENTS
Image by Monfocus from Pixabay
りす
りす

基本の基本なかんたんなフレンチドレッシングのケトジェニックバージョンを教えて。

この記事は低糖質フレンチドレッシングの覚書です。


こんにちは、れとです。ケトジェニックダイエット中です。厳しいケトジェニックダイエットルールを持つ夫のために日々料理をケト化しています。


ケトジェニックダイエットとは、低糖質+脂質の多い食事で、からだをケトーシスの状態に導いて代謝を高める食事法です。


ケトジェニックダイエットを含む試みで、代謝が変わったアラフォー夫のからだはこちらかかご覧いただけます。見事に若返っています。




ケトジェニックダイエットをはじめると、市販の商品にどんな原材料が利用されているのかが気になるようになります。


そして気づく市販のドレッシングに含まれる謎のオイルや糖質の数々。市販のドレッシングには、かなりの砂糖が含まれていることもあります。


原材料がケトジェニックなドレッシングも販売されていますが、原材料を確実にするには自分でつくるのがはやくて確実です。


というわけで、本記事はケトジェニックダイエット実践者のためのフレンチドレッシングの覚書です。


レシピにジャンプしたい方は、こちらのボタンからどうぞ。

低糖質なドレッシング手作りの「カギ」

Image by hudsoncrafted from Pixabay

ドレッシングを低糖質にするカギは、「砂糖」を利用しないことです。なぜなら、ドレッシングはそのほとんどがオイルでできていて、糖質としてカウントされる大部分が砂糖だからです。


砂糖を糖質オフの甘味量に差し替えれば、大抵のドレッシングは低糖質に生まれ変わります。


キッチンの砂糖を代替品に入替えれば、さまざまな料理が低糖質化します。まずは、砂糖をキッチンから取り除きましょう。


砂糖の代替品のおすすめは、こちらの記事でどうぞ。




低糖質なドレッシングを手作りで|フレンチドレッシング 材料

Image by Pezibear from Pixabay

メインのオイルは、オリーブオイルを利用しています。


ケトジェニックダイエットにおいては、良質の脂質を総カロリーの70%ほどとる必要があります。ドレッシングをかければ、良質の脂質を食材に足せます。


ドレッシングには砂糖が利用されることが多いですが、砂糖はケトジェニックではありません。


そのため、砂糖の代わりにラカントSを利用しています。ラカントSを利用すれば糖質はゼロです。


甘みの調節は、お砂糖を利用する場合でも同量です。


ほかの糖質オフの甘味料で代用も可能です。その場合は、甘味料を必要に応じて換算して利用してください。


低糖質なドレッシングを手作りで|アップルサイダービネガーのドレッシングもおすすめ

健康効果の高いアップルサイダービネガーを利用したドレッシングもおすすめです。


レシピはこちらからどうぞ。↓



低糖質なドレッシングを手作りで|フレンチドレッシング 作り方

カップの中に材料を入れて混ぜるだけです。3分もかからないですね。



低糖質なドレッシングを手作りで|基本のフレンチドレッシング

お砂糖を使わない、ケトジェニックダイエット実践者のためのフレンチドレッシングです。
Prep Time3 mins
Course:dressing
Cuisine:French
Keyword:French dressing, フレンチドレッシング
Yield:2
Calories:510kcal

Equipment

  • カップ
  • ホイッパー

Materials

  • 100 cc オリーブオイル
  • 1 小さじ ラカントS 砂糖の分量だと小さじ1
  • 50 cc お酢
  • 1/2 小さじ
  • 少々 こしょう

Instructions

  • すべての材料をカップにいれ、混ぜます。

Notes

【2人分】
糖質:0g
実質糖質量:0g
食物繊維:0g
脂質:112g (97%)
炭水化物:3g (3%)
たんぱく質:0g
 
French dressing
 

低糖質なドレッシングを手作りで:まとめ

ドレッシングを自分で作るという発想がなかったんですが、一度作り出したら自家製の方がおいしくてもうドレッシングを購入しなくなりました。


今後、ほかのバラエティも挑戦して、おいしいものがあれば共有していきます。


マヨネーズも自家製がおいしいですよ。かんたんに作れます。レシピはこちらからどうぞ。




アジアンサラダも手作りできます。おすすめのサラダはこちらからどうぞ。↓


タイトルとURLをコピーしました
letlog