【まとめ買い必須】おすすめ低糖質プロテインバーは大人気なクエストバー一択!

おすすめ プロテインバーHEALTH/BEAUTY
Photo by LYFE Fuel on Unsplash
こいぬ
こいぬ

低糖質な食事に変更して体を改造中!!小腹が減った時に筋トレ中でも食べられるおいしいプロテインバーってある?


こんな疑問にお答えします。


アメリカで人気爆発中のプロテインバー、「クエストのご紹介です。この商品は、日本では入手が難しかったのですが、最近になって日本のAmazonでも取り扱われるようになりました!


れと夫<br>マニュエル
れと夫
マニュエル

この一年、インターミッテントファスティングをしつつ、おやつにクエストバーのプロテインバーを選択しました。結果、脂肪率が4%以上下がり、適度な筋肉量を保てている僕がご紹介します。



いろいろなダイエットを試してもぜんぜん効果が無かったマニュエルは、プロテインを食べられつつスイーツも楽しめるプロテインバーを探していました。


ちまたには、たくさんのプロテインバーが販売されています。しかし、実はそのいずれもが相当な量のお砂糖と糖質を含んでいます。パッケージの後ろの砂糖の部分を確認する度に、その含有量にドン引きなレベルです。


マニュエルは、ネット上の検索をいろいろとし続け、さまざまなプロテインバーをオーダーしました。そして、最終的に「コレしかない!」と思うにいたったのがクエストです。


このレベルまで糖質が少ないプロテインバーは、なかなかありません。



この一年、このクエストのプロテインバーを食べ続けています。よく食べる味は、ブルーベリーマフィン、クッキードー、チョコレートブラウニー、オートミールチョコレートチップなど。味にバラエティがあるので、色々な味に変更できて飽きません。



体の改造をはじめた1年程前から、食事をケト食品に切り替え、プロテインバーをクエストにしました。そして、インターミッテントファスティングを徐々に行い、半年程で体が全く違うものになりました。結果はこちらでご覧いただけます。↓





それでは、クエストについて詳しくご紹介します!

プロテインバーのおすすめは?低糖質で米で人気爆発中のクエストバーをチェック

クエストバーを紹介する前に、糖質の少ないプロテインバーを探す時に必要な知識をご紹介します。

低糖質の食物を探すうえで知っておくべきこと

低糖質な食品とは、体の中で脂肪分として蓄えられる糖質、炭水化物の量が少ない食べ物です。



炭水化物は、

総炭水化物 ー 食物繊維 = 炭水化物(糖質)

の式で算出できます。

原材料が英語表記なので、こちらも意味を記載しておきます。

  • Total Carb   = 総炭水化物
  • Dietary Fiber  = 食物繊維

  • Net Carb    = 炭水化物(実質の糖質) 
             = Total Carb(総炭水化物) - Dietary Fiber(食物繊維)

クエストとは?

Photo by Jannis Brandt on Unsplash

クエストは、2010年に肥満に悩んでいたBilyeuさんによって立ち上げられたブランドです。奥さんのPennaさんは、当時フィットネストレイナーをされていたそう。



クエストの会社Quest Nutrition は、たったの4年、2014年までの間に57,000%もの成長を果たし、全米のプロテインバーメーカー第2位に上り詰めました。



糖質がほとんど入っていないプロテインバーはアメリカではほかになく、糖質がほとんど入っていないクエストのプロテインバーは発売直後に爆発的に大人気になったんです。


甘味は、砂糖ではなく、糖質ゼロのエリスリトールとステビアが利用されています。

クエストの成分

クエストの成分をご紹介します。ここでは、チョコレートブラウニー味をご紹介します。


クエストバー(チョコレート)
created by Rinker


一本あたり60g
カロリー180 cal
脂質6g
飽和脂肪1g
トランス脂肪0 g
コレステロール5 mg
ナトリウム230 mg
総炭水化物23 g
食物繊維17 g
砂糖1g
エリトリトール2 g
タンパク質20 g



総炭水化物23gで食物繊維は17g。結果、炭水化物部分はたったの6gです。




クエストに出会う以前は、食品選びにケトや低糖質のことなどに注意を向けていませんでした。健康志向ではあったのですが、食べていたのはKind Plus (カインドプラス)シリーズ(これ↓)です。

カインド プロテインバー
created by Rinker


これを食べていたある日、ネットでケトジェニックダイエットを知り、体の脂肪の減量には低糖質の食物に切り替えることが重要と知りました。


それで、このKindのプロテインバーを調べてみると、なんと一本に26gもの炭水化物が。食物繊維はたったの4gでした。たったひとつのプロテインバーに炭水化物が22gも入っていることを、はじめて理解したんです。



このカインドプロテインバーでは、筋肉がつく前に総炭水化物(糖質)が脂肪に変化するだけです。


このあと、すべての食事を低糖質に切り替えました。


クエストバーの炭水化物量は6gで、カインドの3分の1以下です。おまけにタンパク質は、カインドの場合は2本で合計16gクエストの場合は1本で20g


クエストなら、タンパク質も効率的に摂取できますね。

クエストの見た目

クエストバーの見た目をご紹介します。



パッケージはこんな感じです。


これは、オートミールチョコレートチップという種類で、日本ではまだ販売されていませんが、そのうち販売されると思います。


一つ一つのバーはしっかりパックされています。結構ずっしりとした重さを感じます。


中を開くとこんな感じ。柔らかいケーキとキャラメルを混ぜて、かなりの力で圧縮したような感じです。


食べてみると、結構重たい印象です。ねちょっとしたケーキという感じ。ムリムリっとかじって、口に頬張ります。


噛み応えがあって、キャラメルに生地が混ざったような感じです。しっかりと甘くて食べ応えがかなりあります。腹持ちもかなりよくて、これを食べた後はしばらくお腹が空きません。


このオートミールチョコレートチップは、甘いものが好きな方におすすめです。しっかりとチョコレートの香りと甘さを楽しむことができます。

クエストの種類


現在日本のamazonでは、これらの種類のクエストバーが取り扱われています。上記の商品は、バラエティパックになっていて、どんな種類が発送されるかはおまかせです。

バラエティパックで発送されるバーの種類
  • Chocolate Chip Cookie Dough (チョコレートチップクッキー ドウ) 
  • S’mores (スモアズ)
  • Maple Waffle (メイプルワッフル)
  • Peanut Butter Brownie Smash (ピーナッツバターブローニースマッシュ)
  • Chocolate Hazelnut (チョコレートヘーゼルナッツ) 
  • Chocolate Brownie (チョコレートブラウニー)
  • Chocolate Sprinkled Doughnut (チョコレートスプリンクルドーナツ) 
  •  Birthday Cake (バースデーケーキ)
  • Caramel Chocolate Chunk (キャラメルチョコレートチャンク)
  • Cookies & Cream (クッキー&クリーム) 
  •  Blueberry Muffin (ブルーベリーマフィン) 
  •  Mint Chocolate Chunk (ミントチョコレートチャンク)


ほかの種類のバラエティパックもあり得るので、興味のある方はそれぞれのサイトで検索してみてください。

れと
れと

私のお気に入りは、断然ブルーベリーマフィンです!!!


中に入っている噛み応えがあるブルーベリーなどが本当においしいです。そして丁度良い甘さです。

胃には重いと思って半分ずつたべるようにしてるんですが、おいしすぎて止めるのが大変笑!


他には、箱買いで以下のような種類があります。


定番のチョコレート。よく買います。そこまで甘くはなく、ずっしりとしたチョコレートケーキという感じです。

クエストバー(チョコレート)
created by Rinker


ブルーベリーマフィンは一押しです。食べるのが止まらないおいしさで、家に常備です。

クエストバー(ブルーベリーマフィン)
created by Rinker



このチョコレートピーカンは結構甘めです。少しかじるだけで満腹感でいっぱいになれるので、少量だけ食べたいときにおすすめです。

クエストバー (チョコレートキャラメルピーカン)
created by Rinker

プロテインバーのおすすめは?低糖質で米で人気爆発中のクエストバー まとめ

インターミッテントファスティングをしていると、食事ができる時間が極端に限られるため、腹持ちの良いスナックが必要になります。


このクエストバーは、インターミッテントファスティングに持ってこいのプロテインバーです。



実際インターミッテントファスティング中にこのクエストバーを食べながらも脂肪分は体から削ることができたので、このクエストバーは良い選択肢だったのだと思います。



食べ応えもしっかりあって、なかなかおいしいプロテインバーです。低糖質なプロテインバーをお探しの方は是非試してみてください!



こちらの記事もどうぞ!





参考:

タイトルとURLをコピーしました
letlog