レタスの牛肉+7種の野菜包み|カラフルで夕食が楽しくなる一皿♪ヘルシーで楽しい手巻き野菜【ケトジェニック・低糖質】

lettace meatBEEF
ちわわ
ちわわ

野菜がいっぱい食べられて、お肉も入ってて、主食になるような一品を教えて!

こんな方向けのレシピです。


このレシピは、夕食をみんなでわいわい食べたいときにぴったりな、「レタスの牛肉包み」レシピです。


実はこれ、本当はご飯とのりで、「のり巻き風」にしたかった料理でした。しかし、うちはケトジェニックなので温かいご飯が×。


そこで、レタスを「のり巻き」の代わりにしました。のりとご飯をのぞいた「レタス巻き」です。


やってみたら、けっこうおいしい。たくさんの種類の野菜のそのままの味を、存分に味わえて、軽いスナックのような感じでどんどん食が進みます。


野菜は、このレシピに掲載されているものだけでなく、家にあるものをいろいろと利用してみてください。サラダに利用できるものなら何でもOKです。


夕食の一品としてどうぞ。


それでは、さっそくご案内しますね。レシピにジャンプしたい方は、こちらのボタンをクリックしてください。



レタスの牛肉+野菜包み|利用する野菜

今回このレシピ掲載時に撮影した野菜は、以下を利用しています。


  • レタス

  • アボカド

  • パプリカ

  • 白ネギ

  • きゅうり

  • パプリカ(オレンジ)

  • トマト

  • キムチ



ほかにも、セロリ、サラダほうれん草、パクチー、炒めたり煮たきのこなども合います。

レタスの牛肉+野菜包み|ヘルシーなポイント

この献立では、7種類の野菜でたくさんのビタミンやミネラルをとることができます。


また、お砂糖は利用せずに、ラカントSで甘味をたしています。もちろん、砂糖に問題がない方は、砂糖でも作れます。その場合も容量は同量です。


ケトジェニック・低糖質ダイエットに興味のある方は、まずは砂糖を代替甘味料に変更してみてください。


それだけで、かんたんに糖質オフ生活をはじめられます。代替甘味料の選択肢はこちらからどうぞ。




レタスの牛肉+野菜包み|作り方

  1. サニーレタスは食べやすい大きさに縦にちぎります。

  2. 千切りできる野菜はすべて千切りにします。

  3. アボカド、トマトは薄切りにします。

  4. 野菜を平たい皿に並べます。

  5. キムチは食べやすい大きさに切り、小さなお皿に盛ります。

  6. フライパンにごま油をしき、牛肉を固まらないように並べて中火で熱します。

  7. 牛肉が焼けたら、★をからめて、牛肉用のお皿に盛ります。

  8. テーブルにすべてを並べ、好きな具材を包んで食べます。

  9. お好みでマヨネーズをかけてお召し上がりください。





レタスの肉包み|野菜をたっぷり包んで食べる楽しい夕ご飯♪

レタスにお肉を包んで食べる家族で楽しめる一品です。
Active Time20 mins
Total Time20 mins
Course:dinner, ディナー
Cuisine:international, 無国籍
Keyword:低糖質, 牛肉, 野菜たっぷり
Yield:2
Calories:560kcal

Equipment

  • フライパン
  • さいばし

Materials

  • 250 g 牛肉
  • 1 大さじ ごま油
  • 8 サニーレタス (写真はアイスバーグレタスを利用しています。)
  • 1 アボカド
  • 50 g パプリカ
  • 1 きゅうり
  • 30 g にんじん
  • 6 ミニトマト
  • 5 cm 長ネギ
  • 100 g キムチ
  • 1 大さじ
  • 2 小さじ ラカントS
  • 1 大さじ しょうゆ
  • 2 大さじ マヨネーズ

Instructions

  • サニーレタスは食べやすい大きさに縦にちぎります。
  • 千切りできる野菜はすべて千切りにします。
  • アボカド、トマトは薄切りにします。
  • 野菜を平たい皿に並べます。
  • キムチは食べやすい大きさに切り、小さなお皿に盛ります。
  • フライパンにごま油をしき、牛肉を固まらないように並べて中火で熱します。
  • 牛肉が焼けたら、★をからめて、牛肉用のお皿に盛ります。
  • テーブルにすべてを並べ、好きな具材を包んで食べます。
  • マヨネーズをかけて召し上がってください。

Notes

【2人分】
たんぱく質: 64.6g (37%)
脂質: 85.6g(49%)
実質糖質: 23.2g  (13%)
(総カロリー:1,121kcal)
beef lettuce



Comments

タイトルとURLをコピーしました
letlog